【実体験】ブラック企業の特徴19選!

ブラック企業の特徴を説明します!




どうも、わかりやすいブラック企業体験者のダリーです。

前回、「ブラック企業総論」という事で、ぼくのブラック企業体験記のあらましを記事にしました。

関連:ぼくのブラック企業体験談(2004年新卒で入った会社)を語る!

書いていくうちに、

ダリー
そうだ!人生の先輩(37歳就職氷河期後期の社畜耐性が割と高い世代)として、ぼくが思うブラック企業の特徴を後世のために、まとめておこう!

使命感が湧いてきました爆。

というわけで就職や転職を前にしている人たちは参考にしてみて下さい。どうぞ。

※すべて、ぼく個人の意見です。「これは違うよな」と思うところは読み飛ばして下さい。


ブラック企業の特徴、見分け方。

喜ぶサラリーマン、会社員
  1. 社名に「日本」とか付いてる企業はヤバい可能性あり。
  2. 崇高な「経営理念」を掲げる企業は危ない可能性大。
  3. 紙の書類、手書きの書類が多い会社はヤバい。
  4. 営業なのに会社からスマホ、携帯が支給されない企業はヤバい。
  5. 社屋があまりに汚い、古い会社はヤバい。
  6. 営業車がボロボロの会社はヤバい。
  7. 社員の車が10年以上前の車ばっかりの企業はヤバい。
  8. 社員の目が死に切ってる会社はヤバい。
  9. 土曜が休みなのか出勤なのか、わかりにくく書いてる企業はヤバい。
  10. 年間休日日数を明記していない企業はヤバい。
  11. 元気で明るい職場とか言ってる会社は高確率でブラック。
  12. 「やる気重視」とか書いてる企業もヤバい。
  13. 上司が責任取る気がゼロの企業はヤバい。
  14. コミュ障の社員が多い会社はヤバい。
  15. 謎のルールが多い企業はヤバい(ズレてる)。
  16. 副業絶対禁止の会社。
  17. 残業して当たり前、残業しないと業務が回らない=工夫が足りない会社。
  18. ITの導入が遅れている会社。導入する気も無い会社。
  19. 年がら年中、社員を募集している会社=離職率高い

はい。上記のような特徴が無いか企業の募集要項や、ホーム―ページをよくチェックしましょう。そして、面接で訪問となった際は、上記の項目が無いかサッとチェック。あんまりジロジロ観察しないように笑。

①について。

どういうわけかぼくの研究結果では「日本」とかつくとヤバい確率が高いです。大した会社じゃないのに大きく見せたいときに「日本」とか付けたくなるんだと思いますね爆。

②について。

崇高な経営理念って実は社員の洗脳の道具として機能します。

現実とはかけ離れた経営理念をポエムのように掲げる企業はヤバいと断言できます。要するに実際現場で働いている社員の事を考えていない可能性が非常に高い。経営理念を唱えるだけで現実に合わせた対応をする気はゼロというわけです。こんな会社は社員が疲弊しきっているので危険です。

③について。

18番ともかぶりますが、要は現場がIT化されていないという事。そして上層部がITを理解していない、する気も乏しいという事。若い世代は非常に苦労するので避けた方が無難な企業の特徴です。

気になったら面接で「IT化はどの程度進んでいるのですか」と聞いてみましょう。聞かれてイヤな顔をする企業であれば、そんな企業で働く必要はありません。

④について。個人で契約したスマホ、携帯を会社用に使わせる会社はヤバい。

説明は不要でしょう。ぼくが体験したブラック企業ではなぜか、個人の携帯電話でお客さんと連絡取るシステムでした。月に8000円くらいは携帯代としてもらってましたが、基本、ありえませんよね。

⑤について。社屋をキチンと確認しよう。

これ、特に新卒で就活している人に言いたいですね。22歳とかってまだまだ世間知らずですからね。面接などで会社を訪問する際はその会社の建物をよくチェックしてください。今ならグーグルマップもあって便利な時代になったものです。事前に調べましょう。

あまりにボロボロなら、その会社の経営にカネが無いとか、外面を全く気にしないサイコパスな社長である可能性が高いです。

ぼくの場合、全くそういうチェックをせず、新卒の時にオンボロ社屋の会社に入り、案の定、社長はヤバい人でした。

⑥について。ぼくの営業車は高速入口手前でバッテリー上がりで止まりました。

自動車に関する基本的な知識が無かったぼくも悪いのですが、ぼくの当時の営業車は走行距離10万キロ超えのダイハツハイゼット(軽トラ)。操作はマニュアル。当然ナビは無し。

「なんだか、ウィンカーもカチカチ言わなくなってきたなあ・・・」とは思っていたのですが、ついに奈良県の高速の入り口手前で車は止まりました。おそらく、バッテリーも長年交換してなかったのでしょう。

近くにガソリンスタンドはあったのですが、果たしてどのように対処したのかは記憶がありません。トラウマすぎて忘れたいのでしょうか。

⑦について。社員が薄給で働いている可能性大。

車を買い替えるカネが出てこないという事です。車通勤の人が多い会社ならば、面接で訪問時などに駐車場を一度確認しましょう。

⑧について。社員の表情、めっちゃ重要。

ブラック企業あるあるなんですが、面接時や、入社して間もないころに面接官や経営者が、あなたと一般社員とをなるべく接触させないようにしてる素振りがあるならば、そこはヤバい会社の可能性大です。

要は現場が殺気立ってたり、雰囲気が最悪なのでそこは見せたくないという事でしょう。

あとは面接官や経営者の表情もよく見ておくことが重要。実際働いている社員の素振りも不審がられない程度に観察しましょう。何かを隠そうとしている気配があるなら、そこはブラックです。

⑨について。ブラック企業の華麗なる土曜日マジック

基本的な事ですが、「週休2日」と「完全週休2日」と「土日祝完全週休2日」と…。全部意味が違います。その辺を募集要項に書いてないとかぼかしてるところはヤバいです。⑩も同様。

⑪について。誰でも言えますよねそれ。

そういう事を書いてるという事はそれくらいしか取り柄がない企業なのか、「元気で明るい」もウソの可能性があります。働く人の待遇を無視している企業の可能性を疑いましょう。

⑫について。教育制度が無いか、異常に目標設定が高いか、業務量が多いかの可能性マックス。

発狂して叫んでしまう会社員

職場環境を改善する気が経営サイドに無いのでしょう。大量採用、大量離職の会社の可能性大。ヤバいフラグです。

⑬について。これは実際入社して働かないとわからない事項です。

ま、人間関係で精神が参っても損なのでサッサとその職場を去るのが賢明です。

衝撃!転職希望者の8割は会社にないしょで活動を進めているらしいぞ。

2018.10.09

⑭について。

コミュ障=暗い人ではありません。仕事におけるコミュ障とは必要である事柄、連絡事項を全く社内で回せない人の事。そしてこのコミュ障が上司であった場合は最悪。そしてさきほどの⑬、責任を取らない上司だとさらに最悪。社風が腐っているので、サッサと転職すべきです。

転職エージェントサービスの特徴まとめ。当方、37歳求職中。

2018.09.23

⑮について。

世間の常識からかけ離れたローカルルールだらけの企業はヤバいです。そのルールが生産性につながるものだったらいいのですが、そのルールを守らない者に対する恫喝の口実となっている会社ならば、即刻、転職を考えるべきです。そういう企業と付き合っても時間と人生のムダです。

doda【デューダ】大阪支社で転職エージェントと面談してきた感想(30代男性)

2018.10.09

⑯について。副業OKの流れをわかってない企業は時代錯誤。

「副業禁止だお!」とかいう会社に限って、その会社の給料だけでは生活できないの法則。健康で働いているのならば、社員のサイフ状況まで会社がウダウダ言うのはおかしいですね。

⑰について。効率化なんて悪くらいに思っている。

20年前、30年前はこうやって、泥臭く売上を伸ばしてきたんだ!!定時で帰るとか考えられなかった!!とか言ってるジジイのいる会社はヤバいです。

時代によって稼ぎ方は変わります。そのジジイの方法論は20~30年前で止まっています。そんな会社に自分の人生預けるのって恐くないですか?

関連:自分の価値に気付けない人は一生社畜です!

⑱について。

新しいことを取り入れない=発展、改善の拒否です。脳が停止している可能性大です。

⑲について。

現代ですと、元社員の口コミサイトも発展しているのでそれも利用して企業を判断しましょう。ぼくはVorkers転職会議で気になった企業は調べてましたね。社風と自分の性格がマッチするのかを前もって考える材料となります(100%信用するのも問題ですが)。

まとめ:ブラック企業の特徴群を理解してから、就職活動、転職活動をしよう。

ポーズを決めるイケメン会社員

いかがだったでしょうか。ブラック企業のフラグを理解しないとぼくのように地雷を踏む危険性が高まりますす。上記19ポイントを意識しながら活動しましょう。

万が一、ブラックに入ってしまったら、今ですと「転職エージェント」を利用して転職活動するのが王道、転職への近道です。ぼくも転職エージェントを利用して転職に成功しました。

残念ながら、転職エージェント案件でもどうしても「ブラック企業」は100%は除外できません。上記のチェックポイントに気をつけて、そこはみずから、精査していきましょう。

37歳既婚者。転職活動1か月で内定頂きました。

2018.10.16

【転職】職務経歴書の書き方を37歳男性が説明する。

2018.10.12

doda【デューダ】大阪支社で転職エージェントと面談してきた感想(30代男性)

2018.10.09

衝撃!転職希望者の8割は会社にないしょで活動を進めているらしいぞ。

2018.10.09

リクルートエージェント大阪支社で転職相談してきた感想(30代男性)

2018.09.25

転職エージェントサービスの特徴まとめ。当方、37歳求職中。

2018.09.23




ブラック企業の特徴を説明します!
ダリーのインスタ!ダリスタグラム!!

荒ブルース!!なギター弾き語りをお届け中!!

ツイッターフォロワー大募集中!!目指せ10000人!

ダリッター!なるべく有益な事をつぶやきます!フォロワー大募集中!!

ABOUTこの記事をかいた人

35歳から人生と稼ぎ方を見直しに入ったスロースタートな気絶系ブルースマン、ダリーです。大阪市在住。情弱オッサンからの脱却方法をご提案致します。ブルースと転職関連記事が多め。 当ブログは「自分の人生ってホント、面白くないよな〜…」と言う潜在的な悩みを抱えている人たちに向けて書いてます!!!  ネットを駆使して、情弱だったただの社畜オッサンが激ヤバになっていく過程をお届けします。みんなにもそうなってほしいですね〜。 ブログタイトル通り、ブルース好き。2018年10月からYouTubeも始めました。