「自分は無理…」と思ってる人のための転職方法はこちらをクリック

転職エージェントはどのタイミングで使うべきか?利用者の8割は在職中から転職先を探しています。

びっくりしているウサギ

どうも転職中年のダリーです。

ぼくは転職エージェントを利用して転職活動してるんですが、その転職エージェントさんとの会話の中で出てきた話がぼくにとっては衝撃だったのでその話をします。

関連:【絶対おすすめの転職エージェント】doda【デューダ】エージェント面談して確信した感想まとめ。30代、40代の転職成功したい人向け!

転職希望者の8割は在職中に会社に黙って転職活動をスタートしているとの事!

ぼくはそんな器用なことは最初からできないと思っていたので、会社に退職届出して、退職の日取りを決めてから転職活動を始めました(少数派)。

でも世の中の会社員の8割(体感ベース)は水面下で在職中にエージェントに相談に来るらしいです。まず、ガッチリと次の就職先は決めてから、「退職手続き」に入るという超堅実なやり方。みなさん器用なんですね!

関連:転職エージェントを使うべきタイミングについて解説。退職の何日前から転職活動すべきなのかに答える。

となれば、転職活動のスタートは早めに切っておいた方がいいですね。

いざ転職活動!

先ほど、お話した「転職エージェント」ですが今の転職活動において、転職エージェントサービスの活用は、ハッキリ言って「必須」でありまして、ここは押さえないといけないポイント。

扱う求人の数も一般転職サイトよりも多いんです。

何もガチガチに「絶対転職するんだ」モードでなくてもエージェントは気軽に相談に乗ってくれるし、「転職のプロ」からの客観的な意見って超大事だと思います。

実際、相談してる中で「別にあなたは転職しなくてもいいんじゃないの?」って正直に言ってくれるパターンもあるみたい。

もちろん、相談は無料で無理やり転職させられるなんてことは絶対に無いですのでご安心を。

ぼくはリクルートエージェントDODA【デューダ】エージェントサービス、を使っていますが、扱う案件の守備範囲も少しずつ違うので両方、登録しておくことをオススメします。

※35歳以下なら、マイナビエージェントも登録しておくとかなり最強です。

関連:【20代、30代におすすめ】東京、大阪の転職に強い転職エージェント「マイナビエージェント」は実はITにも強いことが判明。

ぼくの印象ではdoda【デューダ】のエージェントさんの方が親しみやすい感じ。ま、当たったエージェントによるんだと思うんですけど。

作者

登録後、3週間以内にデューダではキャリアカウンセリングを受けて頂くイメージです。転職しようと思った経緯のぶっちゃけたところを話してみてください。ネガティブトークから入って頂いてもOKです。平日は夜8時スタートまで面談予約は受け付けています。

まとめ:転職エージェントは会社によって守備範囲が違うため2~3社使うべき。

ひらめき、電球

行動しないと実際何も変わりません。

そしてウダウダ考えてるうちに動いてる人は動いているという。

ぶっちゃけ、今の会社の環境を嘆いているよりも環境変えちゃった方が精神衛生上もスッキリするというパターンは往々にしてあります(ぼくもそうですが)。

軽く一歩を踏み出す感じでいいので行動は早めにとって行きましょう。

「条件があえば転職してもいい」って人はハイクラス求人のビズリーチでスカウトを在職中から待ってみる・・・というのもアリだと思います(転職全然急いでない人向けサービス)。

doda【デューダ】のエージェント面談に行ってきた実体験まとめ【デューダの真相とリアル】実際にdodaのエージェントと面談してみた感想。30代40代で転職したい人は登録すべき!転職成功実績No. 1のリクルートエージェントの無料登録画面【評判悪い?ムカつく?】リクルートエージェント大阪支社に実際に面談行ってきた感想【30代後半】。びっくりしているウサギ転職エージェントはどのタイミングで使うべきか?利用者の8割は在職中から転職先を探しています。

【20代、30代におすすめ】東京、大阪の転職に強い転職エージェント「マイナビエージェント」は実はITにも強いことが判明。

【30代40代転職】リクルートエージェントは使うべきか?おすすめするメリットを実際登録したぼくがくわしく解説。

【自信無いけど実際使ってみた】デューダ(doda)転職エージェントが30代、40代におすすめの理由を詳しく解説します。

【Bizreach特徴=ハイクラス求人】転職後年収800万超えが8割。現状では満足できない30代、40代ににおすすめの理由を解説。