【おすすめ】リクルートエージェント大阪支社で転職面談してきた感想(30代男性)。転職のリアルが見えてきました。

転職成功実績No. 1のリクルートエージェントの無料登録画面




どうも!12年勤めた会社を退職、転職活動中の中年37歳の、ダリーです。

さて、ぼくは転職エージェントに2社(デューダとリクルートエージェント)登録しているのですが、リクルートエージェントの面談に行ってきたのでその感想を書いておきます。

業界最大手のリクルートエージェントさんの大阪支社です。

そもそも、転職エージェントって何?って方は前回の記事をどうぞ。

click!転職エージェントサービスってどうなの?アラフォー転職希望者のぼくがまとめたぞ。

リクルートエージェントさんは北海道から福岡まで、全国に拠点をかまえており、エージェントに転職の相談ができるのです。

「転職活動って何から始めたらいいのかわからない・・・でも、エージェントサービスってなんか不安だよな・・・バカにされたりしないのかな…」って、悩んでる人、転職エージェントの利用が不安な人はこの記事を参考にしてみてください。

なんとなく「今の会社でずっとキャリアを続けてもいいのかな?」っていう漠然とした不安を抱えてる段階の人でも無料で相談できるのでオススメです。

エージェントサービスは最初から最後まで一切お金はかかりません!

リクルートエージェントの面談の予約はメールで完結!面倒な電話は無し!

ノートパソコンとコーヒー

登録と同時にガンガン電話がかかってくる事もなかったです。

どうしても対面での面談ができない方は電話面談もやってくれるみたいです。

対面での面談の所要時間はだいたい90分くらい。エージェントのメールの返信はガンガン速いのでビビります。

面談の予約は自分の希望日時を第3希望くらいまで指定してメールを返信するだけでOKです。

日曜日は基本、面談はやってません。やはり土曜は混み合うみたいです。

別にスーツで行く必要はありませんのでその辺はご安心を。

いざ、面談のため、梅田阪急ビルオフィスタワーへ。

リクルートエージェント大阪支社の案内図

やばいくらい梅田の中心地にあります。30階以上をリクルート関連が占拠。

31階へ。エレベーターデカすぎて笑える。

途中の15階のフロアには外国人のお姉さんなんかもいました。わが社では見かけないものばかり。

時間きっかりにエージェントは来られました。

それまでは仕切りできっちり区切られた個室で待ってました。なんか緊張します。

担当のエージェントは男性で非常にクレバーな印象の男性。

威圧感は特に感じませんでした。むしろこんなスキルの無い中年に面談を開いて頂き感謝ですわ。

エージェントとの面談内容は、自分の経歴の棚卸と現在の転職市場状況のすりあわせ。

アイデア、ひらめき、電球

ぶっちゃけ、転職って自分自身を一体いくらで買ってくれるのか(できるなら高値で買ってほしい…)って話です。

自分に値段をつけて企業に売り込む。まさにこういう事なんです。

ぼくは当時、未経験ながら「エンジニア」の職を探している話をしたのですが、見事に「それは、マジ厳しい」とエージェントに言われました。

ま、37歳。自分で勉強重ねてから動くのならまだしも今の状態では「正直、勝てない」という事を言われました(ズバッとは言われませんがそういう事)。

鼻で笑われたりはしないのでご安心を。

ぼくも年齢がイッてるので多少考え方は柔軟になってます。

とりあえず、「職務希望」を長年やってきた「営業関連」から探すことに。

求職者が100人いれば100人の状況があると思うので、エージェントも客観的なアドバイスをくれます。人が傷つくような事は言ってきませんのでご安心を。

転職エージェントに教えてもらった「転職市場」の現状。これだけでも面談の価値あり。

ふくろうの先生

●まず30代後半ですと、書類面接で受かる確率は約20%以下。20代の若者なら書類で通る確率は40%くらいとの事…。頭が痛い。

さらに面接で受かる確率は20%位なので、理屈だけで行くと25社面接に行ってやっと一社内定がもらえる!という事。不安。

●エージェントサービス、求職者には一切お金はかかりません。

求人出してる企業からリクルートは報酬をもらいます(内定が成立し、ちゃんと働いてる段階で)。法律でも求職者からお金をとってはいけない事になってるらしいのでご安心下さい。

●リクルート以外でもいわゆる「転職エージェントサービス」で求人募集する企業の負担はかなりのもの。

一般的な転職サイト(リクナビネクスト等)よりも募集費用はかなり上がります。すなわち、それだけ報酬を払ってもいい財務体制が整っている企業の求人が多いということ。そして、地味ながらもちゃんとした会社も多い。

中にはどうしてもいわゆる「ブラック企業」が混じっている可能性ゼロでは無いのでそこは精査しましょう(離職率が高いため)。

●求職者の80%は会社に内緒で転職活動に踏み切り、エージェントに相談に来るんですって。

ぼくはマイノリティ、20%に入る人だったのです。

●賃金交渉や、年間休日の確認はエージェントを通してする事。

逆に言えば、言いにくいことはエージェント側から企業に言ってもらえるという事。

転職で妥協はあんまりしたくないのでここは良いポイントですよね。

ちなみにぼくの探している条件は…。

★年間休日120日以上。土曜出勤基本無し。ガンガン営業成績を詰められることはなく、家から一時間以内に会社があるところ。そして転勤は無し…。

という結構仕事をナメたような条件なんですが、頑張って探します笑。

。。。後日、上記のような会社に転職できました!ヤバイ!

リクルートエージェントまとめ:現在の転職活動にエージェントサービスは必須。登録しておいて損は無し。

はい。どう考えても必須です。

求人数も一般転職サイトよりもはるかに多いですし。

あと、無理やり希望ではないところに転職させられる・・・的な空気も無いです。

で、オススメなのは複数エージェントを登録しておくこと。

ぼくは現状、DODAエージェントサービスにも登録してます。パッと見サービス内容はほぼ同じなんですが出ている求人は案外違ったりします。

複数登録することでいろんなエージェントから意見を言ってもらうのがオススメですな。

あと、オススメ企業の提案を待ってるだけではダメ。

絶対自分で検索かけてエージェントサイト内で探した方がいいと思います。

エージェントの提案だけじゃ「的外れ」なものがある事は否めないので。

転職って不安だらけですが、なんとか頑張っていきましょう。

求職者にはお金がかからないシステムなので安心して使えます。

実際ぼくも使ってみて「転職って今こうなっているんだ!」と実感することができました。

転職関連記事はこちら

doda【デューダ】大阪支社で転職エージェントと面談してきた感想(30代男性)

衝撃!転職希望者の8割は会社にないしょで活動を進めているらしいぞ。

転職活動の履歴書の書き方を説明します

【実績あり】30代の転職での履歴書の書き方。新卒との違いは?手書きはしなくてOKです!

2018年10月22日
転職には必須の職務経歴書の書き方を解説します。

【30代、40代転職これで大丈夫】職務経歴書の書き方の基本を37歳内定者が詳しく説明します!

2018年10月12日
doda【デューダ】のエージェント面談に行ってきた実体験まとめ

【絶対おすすめの転職エージェント】doda【デューダ】エージェント面談して確信した感想まとめ。30代、40代の転職成功したい人向け!

2018年10月9日
転職支援サービスのミイダスのトップページ

適正年収はどれくらい?ミイダス【MIIDAS】実際に使ってみた感想、レビュー。特徴まとめ。秒で試してみるべき理由。

2018年9月18日
笑っているサラリーマン

情弱社畜の特徴とは?情弱社畜研究家のぼくが徹底的に考えてみた。転職方法も解説。

2018年9月13日
仕事を辞めたい会社員

朗報:転職は無理ゲーじゃなかった!37歳でも転職ってできることが判明。30代後半でも内定したテッパンの転職方法。

2018年8月31日

スポンサーリンク




スポンサーリンク






転職成功実績No. 1のリクルートエージェントの無料登録画面

ABOUTこの記事をかいた人

35歳から人生と稼ぎ方を見直しに入ったスロースタートな気絶系ブルースマン、ダリーです。大阪市在住。情弱オッサンからの脱却方法をご提案致します。ブルースと転職関連記事が多め。 当ブログは「自分の人生ってホント、面白くないよな〜…」と言う潜在的な悩みを抱えている人たちに向けて書いてます!!!  ネットを駆使して、情弱だったただの社畜オッサンが激ヤバになっていく過程をお届けします。みんなにもそうなってほしいですね〜。 ブログタイトル通り、ブルース好き。2018年10月からYouTubeも始めました。