「自分は無理…」と思ってる人のための転職方法はこちらをクリック

「営業マンに残業代は無い」ことを自慢げに言ってくる会社はブラックなので速攻で辞めるべきです。

仕事が多すぎて頭を抱え込む人

どうも、転職ブルースマンのダリーです。

以前勤めていた会社では「営業職に残業代を出さないのは当たり前だ!」と自慢げに言ってくるような狂った会社だったのですが、そういう会社って日本にはまだまだ多いと思います。

そんな会社で勤めていても給料は上がりませんので速攻で辞めるべきです。

「辞める」という選択肢さえ湧いてこない「できない人の集まり」にその会社はなっている可能性が高いので、ますますこれからも衰退していくことでしょう。というわけで離れるべきです。

そのあたり気づいていきましょう。

MEMO
営業職の残業代について知りたい方はこのような専門的なサイトを発見したのでまた参考にしてみてください。

「営業職に残業代を払わないでもいいと思っている会社の理屈」は?→何も理論武装していないことが多い幼稚なブラック企業の場合がほとんどです。

怒られて泣いてる社員

欧米諸外国では市民の企業を見る目も厳しいので、こんなずさんな管理が存在し続けることはありえないわけなんですが、日本だと割とフツーですよね。

いや、残業代出るんだったらいいんですよまだ。

営業手当30000円」とかつけて、その分しっかり基本給下げて偉そうにしてる日本の中小企業ってめっちゃあるじゃないですか。やばすぎないですかね?

月に30000円ぽっち出して偉そうにすんなよと。

そしてブラック会社に勤める営業職はそれを「当たり前」だと洗脳されてるんじゃねえよと。

こうして、日本の主に中小企業ですが、幼稚園児並みの発想でもって労働者をこき使ってます。叩けばホコリ出まくりです。

「それが普通」って社員が思わされてるのに気づいてます?洗脳されてますよ?

不満が充満してるのに文句言えない最悪な環境では「営業成果」なんて出ないので、その企業が売上あがることはまあ無いです。

南無三。

会社の売上が上がらないことを営業マンのせいにしている経営者はバカ。現場が見えていない。速攻で退職しましょう(説得とかムダ)。

もう言わないでもわかりますかね?

そりゃ一切文句も言わずに残業代も払わなくてもいい社畜営業社員(コスト安)を雇っている経営者だったら上記のような思想になりますわな。

もう少し景気がましだったら、売上もひねり出せますが、基本日本はずっと不景気だし、営業社員は安月給と長時間労働で「クリエイティビティ」なんて皆無の疲れた顔をしています。

そんな営業マンが「こんにちは〜」とやつれた顔して来ても商品なんて買いたくないです。

よってまた売上が下がります。そして上司、経営者からは怒られるというアホなループ。

いや、怒る前に待遇改善だろ。

って、一生経営層は気づかないかww

社員も文句全然言わないし、会社辞めていかないし、経営者もバカを続けられるというわけですかw

 

…というわけで労働者が取るべき行動は「会社を辞める」ことだけです。

そういう見識の甘いブラック企業で働いていても人生辛いだけなので早めの行動をおすすめします。

下手したら、メンタルと体も両方、壊しますよ。

35歳とか超えるとモロにストレスが体に来ます。実際ぼくも咳が止まらなくなったりしましたからね。

退職してから転職活動するか、在職したまま転職活動するかは人それぞれですが。

僕は正直者なので、退職届出して退職日が決まってから転職活動したタイプ。

どちらにせよ、ゆっくりでも逃げる準備をした方が実は幸福になれます。

クソ真面目だけが取り柄の修行僧タイプの社畜は人生詰みます。生産性も無しなのでブログでも始めましょう。

関連記事

会社に転職活動バレたくない人は使ってる!転職エージェントを使うタイミングは「在職中」だった。

転職エージェントを使うべきタイミングについて解説。退職の何日前から転職活動すべきなのかに答える。

転職理由は年収だけ?年収以外の転職メリットはたくさんありますよ。ストレスの少ない職場を探しましょう。

まとめ:とりあえず、知識武装しましょう。ブラック企業の悪行に目をつぶるのやめましょう。営業社員を安月給でこき使う会社からはおさらばしましょう。

いや、なんでアホな経営者の味方してんのあんたっていう。

よく「営業マン、会社員は「経営者目線」を持て!」とか言うアホな上司っているじゃないですか。

要求するのは「目線」だけで、待遇とか給料は社畜で据え置かれますからね。要は会社の都合のいいように動かしたいだけなんですよ。

「ストックホルムシンドローム」って言う心理学用語がありますが、誘拐された子供が犯人の味方をなぜかしてしまうというアレ。それと似た構造が社畜と経営者の間にもあるんじゃないですかね。

社畜のみなさんっていつ経営者と奴隷契約したんですかね?そんなのしてないですよね?

「家族がいるからクソ会社でも簡単に辞められない」とか言ってる人は逆に自分のことも家族、子供のことも心配してない自分勝手な人だと思います。

現代ならちゃんとツールが揃ってるのに使わない、知ろうともしないのはそれはその人の「怠慢」と言わざるを得ません。

クソブラック企業からはちゃんと社員が離れていかないといつまでも日本の労働環境は是正されていきません。

すなわち劣悪労働環境ブラック企業で働く=社会の為にもならないし、自分も不幸・・・

という最悪すぎるヤバさ・・・ってことに気づいてください。

今回は以上です。早めに動き出しましょう。

20代ならプログラミングで将来も収入を伸ばし続けるキャリアをつける、

30代以降なら、速攻で転職、時間に余裕を見つけ、ブログなどの生産活動をする・・・という方向性がいいですね。

【高収入】フリーランスエンジニアが正直、うらやましい。実は未経験でも20代なら派遣エンジニアとしてスタートできるので解説。

【20代向け】未経験だけどITエンジニアになりたい!おすすめの派遣エンジニアサービスITスタッフィングを紹介します。

【独学無理な人向け】TECH::EXPERT(転職成功率98%)がプログラミングスクールで最強&コスパ良いので詳しく解説。

【現実的】世代別:転職エージェントおすすめランキングベスト3を30代後半で会社辞めて転職したぼくが解説する。