【知らないとヤバい】最速で稼げるエンジニアになる方法をチェックする

【通学無しのプログラミングスクールCodeCampGate(コードキャンプゲート)】オンライン特化型でエンジニア転職を可能に。

オンライン型プログラミングスクールCodeCampGATE(コードキャンプゲート)のトップページ

どうも、ダリーブルースです。

今日は4ヶ月という短期間に「プログラミングスクールでできること全て」を詰め込んだ完全オンライン型スクールのCodeCampGATE(コードキャンプゲート)を解説します。

MEMO
今回紹介するCodeCampGATEを運営するCodeCamp㈱は、技術力に強みを持つITコンサルティング会社フューチャーアーキテクトの関連会社です。
CodeCamp㈱は技術力に強みを持つITコンサルティング会社、フューチャーアーキテクト(東証一部)の関連会社として、実際の開発現場で活用されている技術や、AI/IoTなどの先端技術などをフォロー。最先端の学びを提供するためのカリキュラム開発体制が整っています。

 

凡人が「稼げる職人」になるのに最も学習コストが低く、しかし高収入が見込めるのがエンジニアというライフスタイル。

ぶっちゃけ35歳を超えてからその生き方を知ったぼくはまじでうらやましいってことは過去にも書いてます。

関連:【高収入】フリーランスエンジニアが正直、うらやましい。実は未経験でも20代なら派遣エンジニアとしてスタートできるので解説。

 

CodeCampGATEは「今の会社、仕事では今後のキャリアが描けない…。キャリアリベンジするなら今なんだけどどうすればいいかわからない…」という危機感を感じているアラサー世代の方に知ってほしいサービスです

 

CodeCampGATEの受講者数は既に20000人を超えており、多くの人たちが他業界からエンジニアとして転職、活躍されています。

 

CodeCampGATEの特徴は以下です。

コードキャンプ特徴
  • 完全オンライン&マンツーマン指導なので教室でハミったりする可能性はゼロ。学習に集中できるので周りに足を引っ張られたりもしない環境で最短ルートでプログラミングが学べる。
  • 基礎を2ヶ月、開発を2ヶ月という超実践的なカリキュラムは受講者満足度94.6%を記録。開発は専属のエンジニアメンターと二人三脚で行うので不安感が無い。
  • エンジニアとして実際に働いたことのある先生からの実際の現場で役に立つ経験や転職活動における推薦状など手厚いサポートに定評あり。
  • 毎日朝7時から23時までオンラインでスクールが開講しているので自分の仕事、学業と共に両立できる体制が整っている。
  • 全国から学生、事務職、販売、公務員など様々な経歴の人たちがCodeCampGATE(コードキャンプゲート)で学習し、エンジニアとしてのキャリアを歩んでいる(しかも全国規模で)。

と、まあこのCodeCampGATE(コードキャンプゲート)、住んでるところ関係無しの内容の充実っぷりです。

 

世界的な感染症の広がり以降、様々な業界で「オンライン(在宅)スタイル」が進行しているのはご周知の通りですが、プログラミングスクールも例外ではありません。

 

本来、「場所にとらわれない」というのがエンジニアの働き方の醍醐味。

その他業界を引っ張る形で真っ先にオンライン型の働き方を推進しているIT業界ですから、今後はプログラミングスクールもオンライン型が主流となっていくはずです。

 

というわけで「オンライン型スクール」って今までは不安が残る部分があったのですが、今まさに「オンライン」でのメリットが見直されるようになってきてるんですよね。

オンライン型プログラミングスクールのいいところ
  • 通学の必要が無いので無駄な時間、体力を消耗しない。
  • やる気さえあれば自宅からすぐに学び環境に移行できる。
  • 他の生徒の動向など、ムダなところで消耗しない。キョロ充はオンライン型がおすすめ。
  • スクール側もリアルの教室を作る費用、運営費用がかからないので受講者にかかる費用もオフライン型(通学型)よりは安くなる。
  • これからもっと広がるであろう「合理的な働き方、すなわちオンライン中心での仕事」を先取りしておける。働き方の幅が広がる。
  • 合理的に働く=高収入の可能性が広がる。

てなわけでして、短期間で稼げるエンジニアになるための勉強をするならCodeCampGATE(コードキャンプゲート)。解説していきます。

オンライン型プログラミングスクールCodeCampGATE(コードキャンプゲート)の特徴。現役エンジニアのマンツーマン指導。4ヵ月という短期間で基本から開発まで一気通貫で学べる。

20代でエンジニア業界への転職ならCodeCampGATE(コードキャンプゲート)

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は自社開発企業(いわゆるWEB系エンジニア)への転職を目指す人に特化したスクールです。

たいていの転職案内付プログラミングスクールがSIerなどの出先企業への常駐案件がメインなのが実情なんですが、CodeCampGATEでは最初から自社開発企業への転職をターゲットにしているのが他のプログラミングスクールとの大きな違いですね。

 

Slerの企業常駐型の働き方では「在宅勤務」や「週休三日」などの働き方はまず望めませんが、WEB系エンジニアで実力をつければ、働く場所、働く日数などもかなり融通が利きます。いわゆる「自由な感じのするエンジニア」です。

「オレ、そういうのになりたいんだよな・・・」という人はCodeCampGATE(コードキャンプゲート)、候補に入れておくべきです。

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は全国どこからでも受講OK。完全オンライン型スクール。

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)はオンライン型プログラミングスクールなのでどこに住んでいても受講可能。合理的。

これって、冷静に考えるとデカくないですか。

ぼくも以前は「エンジニアになりたいなら東京に引っ越してプログラミング学んで東京で働くのが一番案件も多いし手っ取り早い」と思ってましたが、これからは違った風景が加速するかもしれません。

様々な背景を持った人たちが実際にエンジニアになっている。CodeCampGATEで。

コードキャンプゲートの受講生の80%がプログラミング未経験の状態からエンジニアへ転職しています。

CodeCampGATEでは学生、営業、事務・企画、サービス・販売、技術職、公務員など様々なバックグラウンドを持った方が0からプログラミングを学習して就職/転職に成功。

男女比率は男6対女4、約半数が関東以外に居住している生徒とのことです。

CodeCampGATEの充実の講師陣。大手企業も研修として利用するレベルの内容。

CodeCampGATEの講師はエンジニアの実務経験のある人ばかりなので安心

コードキャンプゲート(CodeCampGATE)の講師は全て現役のエンジニア。
大手IT企業(サイバーエージェント、Yahoo!など)出身者や、ベンチャー・スタートアップでの勤務経験、フリーランス・起業経験がある講師が多数在籍。

厳しい採用条件を満たした技術力の高いエンジニアのみ講師として採用しており、質・量ともに日本最大級の講師を抱えています。

現役エンジニアのマンツーマン指導で実践的なスキルが身につくとあっては、レッスン満足度94.2%もうなずける数字ですよね(満足度:会員向け、レッスン評価アンケートの集計結果より(2018年1月-3月期))。

 

CodeCampの学習カリキュラム・講師陣は社会的にも評価が高く、大手IT企業が法人研修として導入実績があり、(LINE、ガンホー、セプテーニ、オプトなど)多くのIT企業や大手企業に法人研修として導入されています。

大手IT企業の社員が学んでいる内容と同レベルのカリキュラムでプログラミングを身につけることができるわけです。うんヤバい。

CodeCampGATEがなぜ今支持されているのか。3つの理由。

オンライン型でかつきめの細かいマンツーマン指導。

CodeCampGATEの4か月間の学習内容

コードキャンプゲートは現役エンジニアのマンツーマン指導で定評あり。

先生にリアルでは質問とかしづらい・・・といった人も無敵ですよね。

2カ月間のチーム開発演習。専属のエンジニアメンター付きで安心。

CodeCampGATEのチーム開発演習

4ヵ月の学習期間のうち、後半2カ月はチーム演習となり、より実践的な内容が学べます。実際の企業との温度差をなくす効果が大きいですね。

CodeCampGATEはキャリア支援も充実。

CodeCampGATEは転職支援付きです。

専任のキャリアアドバイザーが就職成功まで手厚くフォローする体制が整っています。

専属エンジニアメンターが、実践的な開発スキルの向上から技術ポテンシャルを明確にする推薦状を作成してくれ、オリジナルの制作物をポートフォリオにして就職活動を進めることが可能です。

無料のキャリアカウンセリングを受講すると受講料が1万円引という特典あり。って充実度がハンパない。

気になる人は一度、CodeCampGATEに相談してみましょう。

まとめ:オンライン型プログラミングスクールの充実度がこれからはハンパない。その筆頭がCodeCampGATE。

オンライン型プログラミングスクールCodeCampGATE(コードキャンプゲート)のトップページ

これからはスクール側も工夫してますます「オンラインでも挫折しない仕組み」を充実させていくことでしょう。

 

というわけで「プログラミングスクールは通学型がいいと思っていたけど通学自体面倒だしなあ・・・」と思っている人は一度オンライン型スクールも候補に入れてみてはいかがでしょうか。

「実際のスクール料金、自分でもちゃんとやっていけるのか…?」等、気になることがあればCodeCampGATEに気軽に聞いてみましょう。質問、無料相談は随時受付中です。

TRY NOW

 

その他のスクールも候補に入れながら、自分が納得できる場所で学んでみてください。

というわけで今回は以上です。素晴らしいエンジニアライフを。

関連記事: