30代後半でもOKの転職方法

転職理由は年収だけ?年収以外の転職メリットはたくさんありますよ。ストレスの少ない職場を探しましょう。

仕事が多すぎて頭を抱え込む人

どうも、37歳の新入社員、ダリーウメモです。

さて、今回は「転職したいけど、おれの年齢じゃもう無理だよなあ・・・ってあと30年この会社で勤めるのか・・・転職って面倒臭そうだし、もうおれの人生終わってるな。。。毎日面白くないな・・・。」という人向けの記事です。

結論から言うと、上記のような人は転職した方がいいと思うのですが(30代後半でもOK)、「だけど、給料減ったらいやだ!」とか思ってませんか?

一部上場企業とか大企業に勤めているならともかく、中小企業にお勤めなら、転職してもそんなに大きな差は生まれないはずです。

というよりむしろ、「給料アップ」の材料の方が多いと思いますよ。

転職する意志があって今までまじめに働いてきた人であれば。

そして「給料アップ」だけにとらわれず、それ以外の「転職のメリット」にも目を向けてみましょう。

ぼくの場合ですと、転職してからは、通勤時間が3分の1になり、わけのわからない社外、社内対応、苦情もグンと減った環境で働くことができるようになりました。

あっ、もちろん「転職エージェント」経由です。皆さんも転職するならエージェント使うようにしましょうね。

おすすめは転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービスリクルートエージェント

35歳までの方はマイナビエージェントもあればいいですね。

関連:転職エージェントサービスの特徴まとめ。30代後半でも遅くない!37歳でも転職活動して無事、内定頂きました。

【20代、30代におすすめ】東京、大阪の転職に強い転職エージェント「マイナビエージェント」は実はITにも強いことが判明。

年収アップ以外にもたくさんある転職のメリット。

ひらめき、電球

ぶっちゃけ、本業をいくら頑張っても上限はサラリーマンである限りは決まってますからね。

それなりに頑張って、余剰時間を作ってブログなんかに専念するのが今の時代賢いじゃ・・・とぼくは思いますね。

ぼくが転職によって給料アップ以外に得られたのは、

  • 通勤時間の短縮
  • 満員電車からの解放(自転車で15分の通勤に!)
  • 長期出張がなくなった!
  • わけのわからない得意先からの問い合わせが激減した(業界変えました)
  • 意味のない社内交流が減った(飲み会ゼロ)

・・・とまあ、このあたりですね。

なんだか年収を大幅にアップさせないと、転職の意味なんてない!みたいな風潮もありますが、そんなことはありません。

転職によってそれ以外の部分もチューニングできるので、その辺のメリットを今一度見直してみましょう。

あなたのストレスの原因は「一生、この会社で、ダルい人生のまんま」という諦めからでは?転職で自分の人生は変えられますよ?

ダルい環境で働いていると、精神も疲弊し、根性も曲がってくるので、はやめに進路変更をおすすめします。

関連:会社に黙って転職活動している人って転職希望者の80%もいるらしいぞ!急げ!今日から始めよう!

現代、テッパンの転職方法としては「転職エージェント」の利用が必須。これはガチです。求人数も、フォロー体制も一般転職サイトとは雲泥の差です。

ぼくはデューダとリクルートエージェントを使って転職活動すすめました。2社くらい使うのがいいですね。下記記事参考にしてみてください。

doda【デューダ】に無料登録する(スマホ可)

関連:doda【デューダ】大阪支社で転職エージェントと面談してきた感想(30代男性)

リクルートエージェント大阪支社で転職相談してきた感想(30代男性)

MEMO
デューダでは登録後にキャリアカウンセラーとの面談のご案内があります。だいたい1ヶ月以内には行くようにしましょう。話しやすい人が多い印象なので、そこまで緊張しなくても大丈夫です。

関連:【デューダの真相とリアル】実際にdodaのエージェントと面談してみた感想。30代40代は登録すべき! 

まとめ:多くの企業も若い人材がなかなか集まらない状態になってますので、35歳超えてても割と可能です。はやめに動きだしましょう。

夏のビーチの想い出

多くの企業は今だいたい、人員不足のブレーン不足ですからね。あなたにフィットする会社をあなた自身で発見してみませんか?その活動はきっと今後の糧になるはずです。

一歩踏み出した人を邪険に扱う企業なんて無視でいいですから、今の会社に疑問を持って働くよりは新天地を目指しましょう。

MEMO
デューダを運営するパーソルキャリアの調査では2019年7月の中途採用の求人数は過去最高を更新中であり、全業種では求人倍率が2.48倍になっているそうです。チャンスですね。

「おれなんて無理なんだ・・・」という気持ちもわかりますが、今までやってきた仕事を一度振り返ってみてください。案外頑張ってきているはずです。

その辺の頑張りの歴史を職務経歴書に落とし込めば、割と自信もついてきます。下記記事もご参考に。

【転職】職務経歴書の書き方の基本を37歳求職者が説明します!

ハイクラス求人サイトのビズリーチを使うメリットを詳しく解説します。 【Bizreach(ビズリーチ)の特徴】スカウトが充実。じっくり転職活動したい人向け(在職中OK)。転職エージェントとの違いも解説。