「エンジニア転職」の記事一覧

現在最も金回りのいい業界、すなわちIT業界でエンジニア、プログラマーとして転職する方法を解説。

エンジニアと一言で言っても派遣エンジニアから正社員エンジニア、フリーランスエンジニア(独立)など働き方は様々。

エンジニアを目指す方法はいろいろな手段があります(下記解説)。

 

フリーランスエンジニアになれば月収80万円とかが普通の世界なので、今の仕事の報酬や待遇に全く満足していない現在27歳くらいまでの未経験者は速攻でエンジニア目指すべき。

エンジニアになっておくと、TwitterとかYouTubeでの発信でもかなり無双できるので副業収入にも直結するのでおすすめ。

 

たとえエンジニアになれなくてもIT業界に近い世界に身を置くことがマジで年収アップの秘訣です。

 

廃れてる業界にいても給料は上がりません。まずはそこから。

未経験からITエンジニアになる方法その①:派遣エンジニアとして働く。未経験OK。

派遣社員と言っても時給は1800円とかが普通です。他の業界よりもかなり時給が高い。

交通費も支給されるパーソルテクノロジースタッフや、交通費は出ないけど、時給高い案件が豊富なリクルートITスタッフィングで案件を探すのが近道です。

記事はこちら⬇︎
【完全未経験OK】パーソルテクノジースタッフでIT業界・プログラミング経験無しから時給高い派遣エンジニアになる方法を解説。20代なら使って損無し。

【20代向け】リクルートITスタッフィングでIT業界未経験から爆速で派遣エンジニアになる方法を解説。業界チェンジしよう。

未経験からエンジニアになる方法その②:裏技だがポテンシャル採用狙う・・・。

いきなり裏技です。

基本的に「業界経験者向け」の正社員エンジニア転職エージェントであるレバテックキャリアに登録しつつ、「ポテンシャル採用」があるか相談してみる感じです。

この技が功を奏するのは年齢25歳までと思ってください。

関連:【レバテックキャリアの評判を徹底解説】ITエンジニア、ウェブクリエイター専門の特化型転職エージェント。未経験のポテンシャル採用もアリ?

と、言ってもやはり普通は派遣エンジニアからスタートするか下記プログラミングスクールで学ぶのが王道です。

プログラミングスクールに通う。

有料、無料、通学型、オンライン型など、いろんなプログラミングスクールがありますが、とりあえず有料ではまこなり社長で有名なテックエキスパートがいいですね。

3ヶ月という短期間でプログラミングにフルコミットする「エンジニア版ライザップ」みたいな感じになっており、転職フォローまでついてます。

無料相談は随時受付中です。

関連:【独学無理な人向け】TECH::EXPERTの評判は?テックエキスパートがプログラミングスクールで実はコスパ良いので解説。

業界経験2年くらい積んでフリーランスエンジニアになれば月収60万以上が普通。人生楽しいぞ。

レバテックフリーランスギークスジョブMidworksなど、フリーランス専門エージェントも充実しています。

で、派遣よりもフリーランスの方がエージェント側のマージン(要はピンハネ料金)もかなり少なめ(だいたい20%以下が多い)。

人不足が深刻な業界なのでまず仕事が途切れることも無いし、仕事が途切れてもお金が入るシステムのあるエージェントもあり(Midworks)。

まずはフリーランススタートなどでどんな案件があるのかチェックするのもありですね。

関連:【レバテックフリーランスが独立不安な人におすすめな理由】マージン率も解説。支払いサイトは業界最短の15日なので正社員よりキャッシュフローが良し。

【関西案件も豊富】ギークスジョブの特徴とメリット。エンジニアの平均年収780万円以上で福利厚生【フリノベ】も手厚い。

【独立の不安解決】Midworksを東京、埼玉、神奈川、千葉のエンジニアは使い倒すべき理由。マージン率もサポート体制を考慮すれば高くはないので解説。

【フリーランスエンジニア概況丸わかり】フリーランススタートで独立初心者は報酬&案件を横断検索すべき理由解説。

【BINARで年収1000万円超のITエンジニアへ転職】ハイスキルエンジニア専門スカウト転職サービスBINARの特徴を解説。

まとめ:とりあえず人生無双したい人はエンジニアになっておけw

若いうちからエンジニアになっておくと人生逃げ切れる確率が超高まります。

「そんなにやりたいことも無いんだけど人生余裕で過ごせるだけのお金は欲しい・・・」という贅沢な人はぜひ目指しておくべきなのがエンジニア。

会社に縛られない生き方をしたい人にもおすすめです。プログラミング能力ってまさに自分の力になりますからね。

というわけでエンジニア転職カテゴリーです⬇︎