副業会社員ダリーがAmazonで買って感動したものまとめ

文系未経験が最速でインフラエンジニアになる方法。UZUZ CCNAコースなら無料就業サポート有りで確実な理由を解説。

ウズウズカレッジCCNAコースのトップページ

どうも、エンジニアという生き方を啓蒙するブロガー、ダリーブルースです。

 

今日は数あるエンジニア職でも「割と地味だけど実はすごい」なインフラエンジニアに関するお話です。

 

そして「爆速でインフラエンジニアになるならウズウズカレッジ CCNAコースだよねっていうお話です。

 

 

「ITエンジニア」といえばアプリ開発を中心とした「WEB系エンジニア」が注目されがちですが、「インフラエンジニア」の需要って底堅いものがありまして・・・実は、業界経験が浅い20代でも挑戦しやすいのがインフラエンジニアなんですよね。

 

 

MEMO
コロナ以前は「完全未経験」でも20代ならエンジニアとして採用されることもあるにはあったのですが、コロナ以降は明らかに「エンジニア経験者」の需要が高まっています。そんな情勢の中でも、「未経験から最速で業界に入るならインフラエンジニア」というわけなんです。

 

「インフラエンジニアの登竜門」と言われているCCNA(Cisco Certified Network Associate)という資格があれば、かなり企業からの信頼度はアップします。

 

 

「CCNA資格が取得できている」ということはすなわち、ある程度の「インフラエンジニアとしての知識が担保されている状態」ですので、企業側から見れば「すっげー欲しい人材、話の早い人材」なわけです。

 

今回紹介するウズウズカレッジ CCNAコースではCCNA取得と就職サポートまで付いたまさに一点突破なコンテンツとなっております。

 

というわけで「インフラ系は全然考えてなかった人」、「エンジニアの種類がいっぱいあるけどどれが自分に向いてるかわからない人」は一度インフラエンジニアという職種にも目を向けてみてください。

経験が浅い20代業界未経験でも採用されやすいのは実は「インフラエンジニア」です。最速で「脱初心者」になれるコスパ最強のUZUZ CCNAコースを解説します。

インフラエンジニアの給料の相場は?ぶっちゃけ、業務系、WEB系と比べて安いの?高いの?

まずここが気になるところですよね。上記の通り(より抜粋)。

 

インフラエンジニアの平均年収は480万円〜570万円となっており、業務系、WEB系と比べても遜色無い感じです。

 

インフラエンジニアのメリット
稼働が安定しており不況に強い。今後も需要増が見込める。業界経験が浅くても採用されやすい。
デメリット
WEB系と比べるとリモート環境が充実しているとは言い難い。

 

…といったところ(※WEB系エンジニアでリモート案件取得するにはかなりの経験と技術、信頼関係が必要なわけですが…)

 

 

インフラの知識はどの職種のエンジニアでも最終的には「必須」となる知識なので、最初の入口をインフラにしておくと後々楽なのもメリットと言えるでしょう。

インフラエンジニアの給料は業務系、WEB系と比べても遜色無し。市場ニーズが非常に大きいので需要が途切れる心配も無い。

そもそもインフラエンジニアって何するの?

全ての「通信」の基盤となるまさに「インフラ」を作る仕事です。

社会インフラである「通信インフラ」を支える仕事。
職業ニーズが安定しているだけでなく、未経験者から専門性を身につけることもできるITエンジニアの一種。
ネットワークやサーバーといったITサービスを当たり前に利用するための通信環境を作ったり、整備する仕事。
「5Gの普及」「DXの推進」「リモートワークの増加」によってさらにニーズが伸びる。

引用:ウズウズカレッジ CCNAコース

かなり深い部分までYouTubeのUZUZ就活チャンル・ネットワーク講座でインフラの基礎は学べますのでまだ見てない人は一度チェックしてみましょう。

 

この動画、めっちゃわかりやすいです。

関連記事:最短距離でインフラエンジニアの基礎を動画で学びたいならウズウズCCNA動画。

ウズウズカレッジCCNAコース概要:1ヶ月短期集中でCCNA取得と就活も支援。受講者のペースに合わせた個別指導で安心。

ウズウズカレッジ CCNAコース「最速でインフラエンジニア」に特化した内容。

 

 

1ヶ月という短期間にインフラの基礎学習、CCNA資格取得、そして就活支援まで揃っています。

 

「インフラエンジニア」への道のりをここまで明確にしているサービスはウズウズカレッジ CCNAコース以外ちょっと見当たりませんね。

 

 

ウズウズカレッジ、ウズウズカレッジ CCNAコースを運営する株式会社UZUZは創業以来、20代の就職サポート実績が18000人以上。

 

ウズウズカレッジ CCNAコースではインフラ講師とは別にキャリアカウンセラーが付き就活支援が付いて来ます。かなり至れり尽せりな内容となっております。

 

ご参考)ウズウズカレッジを通してインフラエンジニアになった先輩たちはこちら。

CCNAコースは完全リモート対応。移動コスト無しで集中して学べます。

ウズウズカレッジのCCNAコースは全てリモートで受講が可能。

まさに最速です。他の生徒に気を取られることなく学びたい人には最高の環境です。

ウズウズカレッジCCNAコースの価格は220000円(税込)です。面接対策含めた就業サポート付。他社と比較しても料金は極限まで低い部類。

ウズウズカレッジ CCNAコースインフラエンジニア特化&豊富なインフラエンジニア求人紹介&日本トップクラスのインフラエンジニアの就業サポートの三本柱。

 

インフラエンジニア最速コースでは、割と無双している感じの内容になっております。

まとめ:20代で「エンジニア未経験」を最速で抜け出し、「業界経験者」に最速でなるならウズウズカレッジ CCNAコースで一点突破が最速。

まんまですがそういうことです。

 

 

とは言いつつも、

  • 本当に文系未経験でもエンジニアになれるのかが不安・・・
  • インフラエンジニアって本当に需要は途切れないのか不安・・・
  • 就職成功率は何%なのか知りたい・・・
  • 「30歳からでもインフラエンジニアってなれるのか・・・」
  • 地方のインフラエンジニア案件の求人はあるのか・・・

などなど、ほとんどの人が不安なハズ。

 

 

ウズウズカレッジ CCNAコースでは、そんな不安を抱えた人のぶっちゃけた質問、無料相談会を常に受け付け中です。

「自分がインフラエンジニアになってもいいのか」少しでも不安のある人はウズウズカレッジ CCNAコースに相談してみましょう。

 

 

インフラエンジニアとしてサクッと「業界経験者」になっておけばその後のキャリアも描きやすいんですよね。

 

インフラエンジニアはフリーランスの案件も豊富でして、フリーランスになると月収60万円とかが普通の世界なんですよね・・・。ご存知でしたかね・・・。

 

ぶっちゃけ、年収なんて「ポジショニング」で99%決まります。稼げる業界に身を置くことが何より重要ですし、逆に言うとそれだけで、年収、上がります笑。

 

今の時代、「エンジニア」というポジションが一番稼ぎやすいのは自明の事実なのは明白。

 

少しでも「エンジニアという生き方」気になる人はまずはウズウズカレッジ CCNAコースに無料相談してみましょう。

こちらもどうぞ