【知らないとヤバい】最速で稼げるエンジニアになる方法をチェックする

リクルートエージェント大阪って評判悪い?費用は?実際30代転職で使ってみたぼくが特徴を解説。

転職成功実績No. 1のリクルートエージェントの無料登録画面

どうも、キャリアブルースマンのダリーです。

本日は「ぶっちゃけ、リクルートエージェント大阪ってどうなのか。使える転職エージェントなのか」に答えます。

 

結論を先に言うと、「リクルートエージェントは求人の量と質を考えると使っておくべきエージェント」です。

職務経歴書の添削や編集もやってくれまして感動した次第です。

 

ぼく自身37歳で12年勤めた会社を辞めて、転職活動してた経験があります。

結果的に、リクルートエージェントなどの「転職エージェント」を使いこなし内定ゲットできました。

 

今回紹介するリクルートエージェントは日本で最大規模の案件数を持っているエージェントです(費用はかかりません)。

 

以下、実体験を交えて解説します。

費用がかからない理由記事:【30代40代の転職方法】絶対使うべきおすすめ転職エージェントまとめ。一般転職サイトとの違いもくわしく解説。

公式サイト:https://www.r-agent.com

求人数が日本で最大級のリクルートエージェントはやはり使った方がいい。ネットの評判が悪いことや、エージェントの質が話題になることもありますが、転職活動においては「利用必須」なのは間違いない事実。大阪支社で実際面談してきた感想です。

転職成功実績No. 1のリクルートエージェントの無料登録画面
リクルートエージェント社内のエージェントの質の良し悪しがたまに話題になったりしますが、最終的に「転職活動」するのは「自分自身」、「私一人の問題」になってくるので、あまり気にしなくてもいいかなと。

 

そんなことよりも、「こちらからリクルートエージェントを最大限使い倒そう」という思いの方が大事。

 

ぼくが実際に大阪で面談したリクルートエージェントのエージェントの方は、スマートな方でした。

ま、確かに「この人、忙しいんだろうな」感はありましたよ。

 

そして、実際忙しいんだと思いますよ。

 

正確に多くの案件を処理していかないと回らない立場の人ですから、回答も「単刀直入」な感じになるこのもあります。人によっちゃ、「冷たいな」とか思うかもしれませんが、そこ、あまり気にしなくてもいいと思いますね。本質じゃないですよそこは。

「大変そうだな〜」とエージェントに思いを馳せつつ、自分の転職活動に集中することが大事。

 

実際、リクルートエージェントの大阪支社に面談に行ってきた感想記事はこちらです。場所は梅田阪急ビルの31階。大阪駅、梅田駅からすごく近いです。

転職成功実績No. 1のリクルートエージェントの無料登録画面【30代後半でも使える】リクルートエージェント大阪支社に実際にキャリア面談行ってきた感想と内容。

リクルートエージェントでの面談(カウンセリング)に行く時のアドバイスですが、

  • 私服でOK。ビジネスカジュアルな感じでOKです。
  • いつごろまでに転職したいのかハッキリしておく。
  • 転職したい理由をまとめておく。残業が多すぎる。給料が安すぎるとかでもOK。
  • どの業界を目指したいのかおおまかに答えられるようにしておくとベター。
  • 面接ではないのでホンネで話すこと。

ちなみにリクルートエージェントを使うべきタイミングについてはこの記事参照。

転職エージェントを使うべきタイミングについて解説。退職の何日前から転職活動すべきなのかに答える。

TRY NOW

リクルートエージェントを使うメリット:業界ケタ違いの求人案件の多さ。まずはザラッとでも転職市場に目をやりましょうよ。「知らなかった…」じゃ、すまされないレベル。大阪でも同様。

リクルートエージェントの非公開求人は約100000件。2015年8月の実績。

100000件規模の求人数、そしてその9割が一般には公開されてない「非公開求人」です。

 

ここで立場を逆にして、社員を募集している側の企業の視点に立ってみましょう。

 

正直、リクルートエージェントを頼って人材を募集している企業って「かなり真剣に」、「採用活動に取り組んでいる」んですよ。これはマジです。

ぶっちゃけ、転職応募者よりも真面目な企業もいるんじゃないでしょうか笑。それくらい真剣。理由は下記。

 

企業は転職希望者を採用すると、非常に高い金額をリクルートエージェント側に払わないといけません。だいたい年収の3割~4割が転職エージェントの報酬となります。非常に高額です。採用に真剣な企業のみがリクルートエージェントを利用するというわけです。

 

そして、リクルートエージェントからしたら、企業と転職希望者をマッチングさせて、しかも何ヶ月かやっと働いてもらって、やっと「報酬」が企業から頂ける利益構造(超絶後払い)。

 

ビジネスの「儲け」が出るまでが非常に手間と時間がかかるのビジネスモデルなのでリクルートエージェント側も真剣なんです。

まとめ:写真を募集している企業、リクルートエージェント、双方がすごく真剣。

その辺りの話は別記事に詳しくまとめてますのでもっと深掘りしたい方はどうぞ。

上記の利益構造により、リクルートエージェントは転職希望者には一切お金がかからないサービスです。

安心して利用できますね。

TRY NOW

リクルートエージェント大阪支社の転職アドバイザーは知識も豊富でクレバーな人が多い印象。職務経歴書の添削、修正もやって頂きまして、正直「神か」と思いました。

キャリアアドバイザーとの面談は予約すれば土日もOKです。電話面談も対応。

リクルートエージェントでは実績豊富なキャリアアドバイザーが転職支援してくれます。

さすがはリクルートというしかありませんね。

ゴリゴリに転職先を押し付けてくる感じなんてゼロですのでご安心ください。

そういう野蛮な人はいないですねリクルートには。

 

ただし、自動メールも含めて、結構求人案内のメールは来るので、メール耐性の弱い人は耐性つけときましょう。

 

で、ぼくがいい意味でヤバイと思ったのが、エージェントがやってくれた「職務経歴書の添削と修正」。

「修正しとくね!」転職エージェントに言われてから、10日くらいかかって出来上がってきましたね。

関連:【30代40代の転職】書類選考対策:職務経歴書のわかりやすい書き方を経験者が解説します。

僕は正直、期待してませんでした。

「やっとくね!」とか言いつつ、実際には何も出来上がって来ないんだろうなあ…なんて、思っていたら、見事にフォーマット化された見やすい職務経歴書になってました。感謝。

リクルートエージェントでは履歴書、職務経歴書の添削もしてくれます。もちろん無料で。

「えっ・・・職務経歴書って何ですか・・・死ぬほど面倒臭そう・・・転職活動やっぱやめよう・・・」

と思った人も多いと思いますが、どうしても履歴書と共に「職務経歴書」は転職には必須なんです。

 

しかしポイントを押さえれば極端に難しいものでもないのであまり難しく考えずにやりましょう。

自分なりに考えて、ウェブ経由でエージェントに提出したら素晴らしいのが添削されて出来上がってきましたので。

 

「いや、そもそも自分で考えることさえもできない。そしてググる気力も無い!」という人向けに、職務経歴書、履歴書に関しては記事にしてますのでまたどうぞ。

職務経歴書は応募する企業ごとに書き換える必要は無いので、とにかく一度完成させればOKです。

リクルートエージェントのデメリットは?本当に無理やり転職させようとかしてこないの?という質問へ回答→あり得ません。

利用する上でデメリットはほぼありません。

 

あえていうなら、リクルートエージェントに登録しても「すごくたまに」断られてしまうというケースがあることですかね。

ま、その際はDODA(デューダ)エージェントサービスや、マイナビエージェントなど他の転職エージェントを使えばOKです。

関連:デューダ(doda)転職エージェントが30代、40代におすすめの理由を詳しく解説します(内定済)。

 

あと、転職エージェントのサポートをみっちり受けられるのは、転職エージェントと面談してからだいたい3ヶ月間です。

それを過ぎると「あとは自力で頑張って!」モードになります。

 

ま、3ヶ月転職活動をやれば大抵の人は「自走」できる力も付いてくるのであまり気にしないでいいと思います。

リクルートエージェントしか使っていない場合、「絶望」する可能性があるので、他の転職エージェントも併用しておくのが無難です。

 

ぼくがリクルートエージェントの他に、強くおすすめしてるのはdodaエージェントサービスです。

だいたい2〜3社の転職エージェントを合わせ技で使うことをオススメします。

MEMO
デューダでも登録後1ヶ月以内を目安にキャリアカウンセラーとの面談があります。案内が来るので行ける日に予約しましょう。話しやすい人が多いので転職に至った思いなんかをぶつけてみてください。

現在あなたが35歳以下なら、優良中小企業にも太いパイプのあるマイナビエージェントもおすすめです。

あとは飛び道具的にハイクラススカウトサービスのビズリーチとかですね。

ビズリーチは「スカウトを待つ」がメインとなる就職サービスなので在職中からでも余裕で利用できます。

リクルートが運営するスカウトサービスではキャリアカーバーも有名です。

関連:【年収800万以上の大企業中心のスカウト転職】CAREER CARVER(キャリアカーバー)を使うべき人を解説(リクルートが運営)。

下記特化記事も参考まで。

関連:【絶対おすすめの転職エージェント】doda【デューダ】エージェント面談して確信した感想まとめ。30代、40代の転職成功したい人向け!

【Bizreach=ハイクラス求人】もっと給料が欲しい30代、40代ににおすすめの転職サイト、ビズリーチの特徴まとめ。飛び道具的に使っていきましょう。

そして、もちろんどの転職エージェントも「無理やり転職させる」なんてことは絶対に無いので安心してください。

 

ビズリーチの場合、やることは基本、スカウトを待つだけなので、在職中でもまずバレることはないです。

リクルートエージェントを使ったからといって必ず転職しないといけないわけでは有りません。あと、リクナビnextとも全然違う内容のサービスです。混同しないでください。

リクルートエージェントまとめ:使って損のない「転職の王道」的転職エージェントです。大阪、その他地方でもそれは同様。

リクルートエージェントでは言いづらい年収の交渉も代行してくれます。

言い忘れましたが、転職エージェントは自分からは言いづらい企業への年収交渉までしてくれます。

「ありがたや・・・」と思いつつも、謙遜する必要は無いので、どんどん利用していきましょう。

 

もしまた転職活動することになっても、リクルートエージェントをぼくは使います。

転職活動ってやる前もやってる時も不安はありますが、その不安は前に進もうと努力している証拠だと思います。

地道にやりましょう。応援しております。

というわけで今回は以上です。

 

その他「転職カテゴリー記事」もまたよろしくお願いします。

関連:会社に黙って転職活動している人が求職者の8割!おすすめ転職エージェントで今日から始めよう!

転職エージェントを使うべきタイミングについて解説。退職の何日前から転職活動すべきなのかに答える。

37歳既婚者のぼくは、転職活動1か月で内定頂きました。面接において一番大事なことは「論理的な説明」です。

【マイナビエージェントの特徴】東京、大阪の地元転職に強い。実はIT業界にも強いことが判明。

【タイズ】関西のメーカー転職に特化型エージェント。大阪、兵庫、京都、奈良の地元転職を考えてる人はTiesがかなり使えるので解説。転職&ものづくり企業へ