「自分は無理…」と思ってる人のための転職方法はこちらをクリック

30代転職での履歴書の書き方。手書きはしなくてOK。A3パソコン出力でOK。

転職活動の履歴書の書き方を説明します

どうも37歳だけど転職エージェント使って転職活動して、内定もらえました、ダリーです。

最終的にはデューダ経由で転職先が見つかりました。

さて、本日は「今の仕事をやめて転職したいけど、履歴書とか書くのが面倒くさいなあ・・・新卒の時といっしょでやっぱ手書きじゃないとダメなんでしょ…なおさら面倒だよ…」

という人向けに転職の現場における履歴書の真実を超簡単にまとめます。

結論から言うと、転職の履歴書は手書きではなくてパソコンで入力したものでOKです。



転職の履歴書が手書きではなくてもいい理由。手書きは読みづらいからです。

喜ぶサラリーマン、会社員

まず1番の理由はやっぱ「手書き」は読みづらい。これに尽きますね。

どんだけきれいに書かれていてもワード、エクセルのフォントには勝てないんですよ。

あと、新卒の就職活動とは違って、転職は「即戦力」がどちらかと言うと求められてるわけなので、「手書きで頑張ってます感」とかまったくいらないわけですね。

「手書きの履歴書」なんて書く方も恐ろしく手間だし、渡された企業側も「ゲッ、手書きだ…」と恐縮してしまいます。

逆に「ウチは手書きの履歴書じゃないと認めないよ」なんていう企業があるとすれば、その企業は高確率でヤバいのは確定なので行かない方がいいですよ絶対。ムダな儀式を崇拝する企業なんてヤバいですからね。

「そうは言っても手書きの方が書類選考で目立つと思うし有効なのではないの…?」

なんて思う人がいるかもしれませんが、それも誤解。

多少、目立っても大量に届いた応募書類から、「手書き」だからといって次の選考に進むことは考えにくいです。

応募企業側はもっと違う力学で採用を考えてるんですよ。その場のノリとかもおおいにあります。それくらい想像力を働かせて、違うところで力いれましょう。

履歴書のサイズはA3でOKです。

履歴書のイラスト

B4ってのもありますが、管理しにくい大きさなのでA3にしましょう。

履歴書といっしょに出さないといけない「職務経歴書」のサイズがA4なので、絶対A3の方がいいです。「職務経歴書の書き方がわからない!」という人は別のこの記事をどうぞ。

click!関連:【転職】職務経歴書の書き方を37歳男性が説明する。

デューダのサイトからダウンロードできますのでそれを利用しましょう(エクセルタイプ)。B4とA3のシートがありますが、A3の方を使いましょう。

履歴書ダウンロードページへ

右下の「本人希望記入欄」のセルの入力方法が少し特殊です。改行の時はAltキー+Enterキーを押して下さい。

趣味、特技の欄ですが、やはり書かないよりは書いた方がいいと思います。面接でその話題が出る事は少ないですが、話を広げられるチャンスでもあるので書くべきです。

難しく考える必要は無いですが、「読書・映画鑑賞」よりは「料理」とかの方がいいです。この感じ伝わりますかね?

料理の方がいろんな想像力が湧いて、「この人、仕事もできて話題も豊富そうだ」となります。ぼくはブログと書きましたが爆。

あと「ギター」と書くであろうところもちゃんと「ブルースギター」と特定しておきました。

その方が人となりがわかります。ある程度限定していきましょう。

その他転職関連記事はこちら

【絶対おすすめの転職エージェント】doda【デューダ】エージェント面談して確信した感想まとめ。30代、40代の転職成功したい人向け!

【おすすめ】リクルートエージェント大阪支社で転職面談してきた感想(30代男性)。転職のリアルが見えてきました。

【絶対おすすめの転職エージェント】doda【デューダ】エージェント面談して確信した感想まとめ。30代、40代の転職成功したい人向け!

doda【デューダ】のエージェント面談に行ってきた実体験まとめ【デューダの真相とリアル】実際にdodaのエージェントと面談してみた感想。30代40代で転職したい人は登録すべき!転職成功実績No. 1のリクルートエージェントの無料登録画面【30代転職のリアル】リクルートエージェントってどうなの?に答える。リクルートキャリア大阪に実際に面談行ってきた感想。その雰囲気は…転職エージェントサービスとは?疑問にお答えします【30代40代の転職方法】絶対使うべきおすすめ転職エージェントまとめ。一般転職サイトとの違いもくわしく解説。