【知らないとヤバい】最速で稼げるエンジニアになる方法をチェックする

【関西で既卒、就活自信が無い人向け】就職支援「ハタラクティブ」の概要と特徴を解説。

既卒で人生終了…と諦めた人向け20代特化型就職サービスハタラクティブのトップーページ

新卒でブラック企業に就職、無事、人生を終わらせた経験のあるダリーブルースです。

 

内定ゼロ、就職しないまま学校卒業すると、割と絶望感ってハンパないじゃないですか。

あるいはせっかく新卒で就職してしまっても1年も経たずに退職してしまったりしても絶望感はデカい。

 

あるいは「明らかに今の職場早めに辞めたい」のに「とりあえず3年は・・・」とか言いつつ疑問を持ちつつ無駄に将来性の低い働いている20代。

「かといって社会人経験の無い自分には転職先なんか見つかりそうもない・・・」と悶々と悩んだり。

 

今日はそんな「既卒、第二新卒、大学中退」した20代向けの就職支援サービス、ハタラクティブを紹介します。

 

「大卒後、就職経験無し」でもハタラクティブでは未経験からOKな就職先を案内してくれます。

運営元はレバレジーズ株式会社

フリーランスエンジニア専門のレバテックフリーランスや、IT業界に特化した正社員転職サービス、レバテックキャリアを運営する会社でグローバル展開もされています。

それらを展開する中で「意欲ある業界未経験の20代」に特化した転職サービスがハタラクティブです。

 

支援実績は60000人を超えており、利用者の未経験からの転職成功率は80%超えのハタラクティブを解説します。

内定ゼロ、第二新卒、既卒OK。ハタラクティブ転職支援サービスを解説。関西、名古屋、福岡も対応エリア。

ハタラクティブは高卒、フリーター、高卒、既卒、第二新卒の20代OKの就職支援サービスです。

ハタラクティブではやる気はあるのに日本の就職慣習に埋もれてしまった若者を徹底的に応援する転職支援サービスです。

 

絶望感ハンパない中、就職活動も腰が重いかもしれませんが、ハタラクティブなら親身に相談に乗ってくれるはず。

特にIT業界では未経験からでも参加可能な仕事がたくさんあります。

 

将来、ITスキルを身につければ、年収爆増も夢ではありません。

関連記事:【高収入】フリーランスエンジニアが正直、うらやましい。実は未経験でも20代なら派遣エンジニアとしてスタートできるので解説。

【悲報】年収500万円は中小企業会社員だと無理ゲーだった件。社員にコストかけられないのが経営者のホンネ。対策は金回りのいい業界への転職と副業。

新卒で就職して、1年くらいしか就業経験が無いと一般の転職エージェントでは断られるパターンが多いです。

あるいは内定ゼロで既卒してしまった方も転職エージェントに断られるパターンあり。

 

そんな方でもハタラクティブは全く問題ありません。

「このままじゃヤバい…」と、ちょっとでも気になる人は一度ハタラクティブに無料相談してみましょう。

ハタラクティブ対応地域。全国の拠点。関西、福岡、名古屋あり。

ハタラクティブの拠点は全国11拠点。渋谷、立川、池袋、秋葉原、大阪、横浜、さいたま、名古屋、福岡、千葉、神戸支店があります。

東京以外にも大阪支店、名古屋支店、福岡支店、神戸支店あり。地方住みでも安心です。

ハタラクティブは、フリーランスエンジニア案件や、正社員エンジニア案件も多数抱えているレバレジーズ株式会社が運営しているので就職後のキャリアも一貫して描きやすいですね。

「フリーランスエンジニア」ってどれくらいの収入なのかを一覧で見たい人はこちらもどうぞ。

ハタラクティブの特徴

ハタラクティブは20代未経験OKの転職案件が2300件。企業は調査済みなので安心。

ハタラクティブでは紹介企業の実地調査を行っており、安心して就業できる体制が整っています。

 

20代未経験にはまさに至れり尽せりな転職支援サービスです。

IT業界以外の未経験からOKの企業を探したい方はリクルートキャリアが運営する就職Shopもチェックしてみてください。

関連記事:20代後半で社会人経験無しの就職活動なら。正社員未経験でも使える就職支援サービス「就職shop」がおすすめ。

 

IT企業を狙うなら、無料のプログラミングスクール機能が付いた転職支援サービス「ウズウズカレッジ」なんてのもあります。

まさに至れり尽くせりですね。

関連:お金が無い人向け完全無料プログラミングスクール「ウズウズカレッジ」を解説します。

20代って、なぜか「絶望」という負債を持った世代なんですよね。これは今も昔も変わらずです。

なんとか絶望だけで終わらないで少しずつでいいので行動に移していきましょう。

 

というわけで今回は以上です。

TRY NOW

その他おすすめ記事