30代後半でもOKの転職方法

【30代後半でもOK】給料ずっと低いままの会社はやめるべき理由を解説。悩み解決方法は転職しかないですよ。

ラップトップを持って荒野を見据える男性

どうも、転職ブルースマンのダリーウメモです。ぼくは37歳で転職しました。

現在、新卒から数えて3社目です。その時の記事は色々「転職カテゴリー記事」書いてますのでまたどうぞ。

さて、今日は「あなたが、給料安い会社に我慢して、い続けても、いいことなんて実は何も無いですよー!」っていうお話です。

給料が上がらないジリ貧の状態で会社にしがみついても、それって「転職」という「市場」からみたら、何も評価するべきとことが無いんですよね。
むしろ「あなたはなんでそんな会社に居座ってるんですか?自分の市場価値上げる気とか無いですよね?」っていう評価をされてしまう可能性大。

もし、「俺は給料が安くてもこの会社で「誇り」を持ってやっていくんだ!」っていうようなことを少しでもあなたが考えているのなら、それは「会社に洗脳されている証拠」ですハッキリ言って。

ヤバいループにはまってますよそれ。

実際、37歳で「転職市場」を渡り歩き、転職に成功したぼくの視点から、「給料安い会社=やめるべき」を説明します。

給料を据え置き、昇給がとても遅い、ずっと安いままの会社は社員をナメている可能性大。こちら側もそのメッセージを正しく受け取り、行動するべきです(すなわち転職)。

ひらめき、電球

落ち着いてゆっくり、曇りなき思考で考えるとそういうことになります。「愛社精神」とか「会社への忠誠心」とか持ち出すからややこしくなるんですよ。

人間なんですから、待遇のいい方の会社に移っていくのは当たり前、当然、自然なんです。

そこにまず立ち返りましょう。我慢する必要なんて毛頭無いですからね。

で、見出しの件ですが、一度皆さんも経営者の気持ちになって考えてみてください。
給料上げないでも社員が在籍してくれてる・・・文句もあるだろうが、特別、不満の爆発も無い・・・。
そんな「平和」な状態だったら、給料上げる気になんてならないでしょ?だって昇給しなくても人が辞めないんだから。

で、こうやってあなたがた社員が我慢して在籍し続けると経営者の思考は・・・。

「ヨシ!昇給しなくても、社員は辞めないや!この調子でワシらの給料はこれからも高めに設定して、社員の給料は引き続き上げんといたろ!!ウヒヒ!」

となります。自然な流れですよね。

関連:悪用厳禁:奴隷のように働く社員の作り方。安月給、給料を低いままで働かせると社畜根性が生まれ、会社への忠誠心も生まれるという悲しい事実。

昇給しない会社に文句を言ってもムダですので、サッサと辞めて転職するのが吉。

給料面で文句を言うのは結局、日本ではご法度なんですよぶっちゃけ。
勇気を出して訴えても反乱分子として目をつけられ、上司も守ってくれません。

この際の正しい行動としては「サッサと転職、今の会社とは縁を切る方向が正解」となります。

具体的な転職方法の進め方:転職エージェントに登録して、職務経歴書を書いて面接受けるだけ。割と流れは簡単です。

多くの人が「転職活動ってめっちゃややこしそう、面倒臭そう・・・何からすればいいのかわからない…」と思ってるかもしれませんが、整理すれば割と簡単であることがわかるはずです。
その流れとは、

たったこれだけなんですね〜。

「職務経歴書?!とても面倒臭そう!」と思われるかもしれませんが、転職においてはかなり重要です。

書き方はググるとたくさん出てきますが、頭が混乱すると思うので、ぼくがまとめておきました。

履歴書についても同様です。
両方、手書きでなくてOKです。
転職には必須の職務経歴書の書き方を解説します。【30代40代の転職】書類選考対策:職務経歴書のわかりやすい書き方を経験者が解説します。転職活動の履歴書の書き方を説明します30代転職での履歴書の書き方。手書きはしなくてOK。A3パソコン出力でOK。

まとめ:経営者にとって、「昇給を待ってるだけの社員」ほど扱いやすい社員はいません。昇給するフリだけして、結局は色々理由をつけて給料上げない企業からはサッサと逃げましょう。そちらの方が賢明です。

ふくろうの先生

そうやって、ヤバイ企業からはサッと辞める人が増えた方が、日本全体の職場環境も良くなっていくんです。
「雇ってくれた企業だから裏切れない…」なんてアホなこと言ってる場合ではありません。
時間は有限です。行動に移すなら、早い方が絶対にいいですよ。

退職、転職は裏切り行為なのか?そもそも裏切り者扱いするその会社がヤバすぎるという事実を知るべき。

いつまでも、ダラダラ、文句はあるのに残ってるとメンタルにも良くないです。

経営者だけご満悦で、社内の雰囲気は悪いまんま。そういう企業からは逃げた方が日本にとってもいいんですよ。

日本はこれからも高齢化が進み、「転職は35歳が限界説」なんてとっくの昔に崩れてます。

そのへんはある程度業界にもよりますが、安心して転職に進んで行けばいいですよ。

MEMO
デューダを運営するパーソルキャリアの調査では2019年7月では中途採用の求人数は過去最高レベルになっており、全業種で求人倍率は2.48倍とのこと。IT業界に至っては9.73倍です。

日本の将来のためにも、自分の将来のためにもサクッと転職することをおすすめいたします。
で、具体的な行動としては、まずは、DODAエージェントサービスリクルートエージェントの登録からスタートしてみてください。

自分の人生は自分でチューニングして行きましょう。

MEMO
デューダでは転職希望者とのキャリア面談を非常に重視しています。登録後3週間以内に面談に行くイメージでお願いします・・・。デューダは話しやすい人が多いのでま、気軽によろしくです。私服でOKです。ぶっちゃけたところを話してみて下さい。

関連:【デューダの真相とリアル】実際にdodaのエージェントと面談してみた感想。30代40代は登録すべき! 

関連記事:【おすすめ】リクルートエージェント大阪支社で転職面談してきた感想(30代男性)。転職のリアルが見えてきました。

【絶対おすすめの転職エージェント】doda【デューダ】エージェント面談して確信した感想まとめ。30代、40代の転職成功したい人向け!

【20代、30代におすすめ】東京、大阪の転職に強い転職エージェント「マイナビエージェント」は実はITにも強いことが判明。

【大企業中心のスカウト転職】月収50万以上は普通:CAREER CARVER(キャリアカーバー)を使うべき人を解説(リクルートが運営)。