【知らないとヤバい】最速で稼げるエンジニアになる方法をチェックする

悪用厳禁:社員を低収入社畜にする方法。給料を低いままで働かせると社畜根性が生まれ、忠誠心も生まれる悲劇。

給料を低く抑えることで経営者が享受できるメリット。アタマ使わない社員を作り出せば、低コスト、かつ離職しないからラク。

どうも、キャリアブルースマンのダリーです。

様々な職場を経験し、現在37歳で新入社員のぼくですが、そのキャリアの中で「社畜魂たっぷりの社員の作り方」にはある種の定石というか、法則があるな・・・と気づきました。

 

もちろん、悪用厳禁ですので取り扱いには細心のご注意をお願いします。経営者の方はマネしないでください。

 

結論から言うと、給料を安く設定してこき使えば、その社員の「自分で考える力」や「元気、やる気」は減退し、自信も減少、そして安い給料だから条件の悪い会社でも在籍し続ける・・・という悲劇状態を簡単に作り出せます。

 

この禁断の法則を頭に入れて、社員の方は悪徳経営者に騙されないようにしてください。

安い給料で働かせて、社員に「この給料で十分だ」と言い続ければ社員は納得し出す不思議。

これで簡単に「立派な社畜は完成」します。

アンビバレンスな感じですが割とこれはマジです。

 

補足として、現状に納得できない社員は辞めていきます。

で、残った社員は、経営者に洗脳された社員です。

忠誠心が高いと自分で思っているフシもありますが、忠誠心があるように見えるだけで、本当は何も考えてない人も多いと思います。

社畜の定義:会社に不満はあるが、反抗したりはせず、現状に甘んじる社員。そして長年の社畜精神の浸透により、自分の頭で考えられなくなった人。しかし、ニュートラルな方向に正しく導いてやれば、完治の可能性はあり。

で、やっかいなのは社畜の状態って、マトモな神経では日々を過ごせないので、「脳が勝手に、そのクソ職場に在籍し続ける理由と根拠を補強しようと作用」します。

簡単に言うと、そのクソな待遇で現状維持するための理由を自分の脳が勝手に探し出して、納得するように仕向けるんですよね。

 

やれ、「自分には今の仕事が天職なんだ」とか「給料は安いけどいいい人が多いから」とか「上司はクソだけどいつかいなくなるから…」とか(だいたい上司も70歳くらいまで働くようになる傾向なのでいつになるかは不明)。

多くの日本人の脳って現状維持がマジで好きでして…。

その性質をクソブラック、グレー企業は見逃しません。利用してきます。素直な社員であればイチコロです。

ぶっちゃけ、社員の人間性を壊し続ければ、洗脳は割と簡単。自分の頭で考えられない社畜軍団の出来上がりです。それで経営が良くなるのかは知りませんが…。

人手不足が続く日本。いつまでもこんな悪徳経営を続けさせてはいけません。

ですが、まだまだこういう企業が多いのも事実。

人間が本来、持っている「現状維持」への欲望を利用するのですから、恐ろしいですね~。

自分の本来持っている能力、レベルに気づきましょう。自分の能力にフタするのやめましょう。

「お前は無能」と言われいる人でも、本当に無能かどうかなんて実はわからないんです。

 

職場の雰囲気、環境によってもその人の能力が発揮されるかどうかは変動しますからね。

というわけで、「ぶっちゃけどれくらい私って給料もらうべきなの?もらっていいの?」っていう疑問に答えてくれるミイダスというサービスもありますので一度試してみてください。

無料サービスです。10分もあれば終わります。

転職支援サービスのミイダスのトップページ【ミイダスの利用方法と特徴】職務適性と転職市場でのあなたの価値をチェック。利用者数は44万人(2020年7月時点)。

「どう考えても今の職場はヤバい。給料が不当に安い」と気づいたあなたは転職の良い機会かもしれません。

30代後半のぼくでも転職エージェント経由なら割とスムーズに転職できました。

 

ハローワーク、一般転職サイトは使わない方が無難です。転職エージェント一択。理由は以下。

転職エージェントサービスとは?疑問にお答えします転職エージェントと一般転職サイトとの違い。転職エージェントの提案を待ってるだけじゃなくて自分で求人を検索するのがおすすめの使い方。

おすすめはデューダです。35歳以下なら、35歳以下の転職に強いマイナビエージェントもおすすめです。

doda【デューダ】のエージェント面談に行ってきた実体験まとめ 【デューダ】実際にdodaのエージェントと面談した感想。評判は気にせずに30代40代転職で使って損は無い。 マイナビ転職エージェントのサポート体制 マイナビエージェントの特徴。は東京・大阪の地元転職に強い。優良中小企業とのパイプも太い。

 

現在、20代(27歳くらいまで)だったら、未経験からでもOKな派遣エンジニアからITエンジニアとしてのキャリアを積むのもありですね。

なんせ、高給なので技術が身につけば、人生が逃げ切りやすいですよ。

 

おすすめはパーソルが運営する「パーソルテクノロジースタッフ」ですね。派遣社員でも交通費が出ます。

20代だったら、2、3年プログラミングやマーケッターの修行して年収をブーストさせるべきだと思いますね。

関連記事:

パーソルテクノロジースタッフの派遣の仕事は交通費がちゃんと支給されます。 【20代未経験OK】パーソルテクノジースタッフでプログラミングスキル無しから大阪で派遣エンジニアになる方法を解説。

まとめ:人間の「現状維持」への欲望はたまには無視しましょう。そうしないと、いつまで経っても状況は変わりません。転職も視野に。

安定志向が多い日本人ですが、たまには飛び出す勇気も必要です。

ぶっちゃけ転職して、自由な時間が生まれたり(通勤時間の短縮)、給料が少しでもアップすると嬉しいものです。

 

というわけで「おれなんか、能力低いし無理・・・」って思ってる方でも、それって今の会社から知らず知らずのうちに受けている「洗脳」が原因かもしれませんので、一度落ち着いて考えてみましょう。

関連とおすすめ

 

「会社辞めます」が言えない人のためのサービス、退職代行のEXITの仕組みを詳しく解説します。退職成功率は100%。累計利用者数2500人超え!