【知らないとヤバい】最速で稼げるエンジニアになる方法をチェックする

マイナビエージェントの特徴。は東京・大阪の地元転職に強い。優良中小企業とのパイプも太い。

マイナビ転職エージェントのサポート体制

どうも、37歳で2回目の転職しました、キャリアブルースマンのダリーウメモです。

 

今日は、首都圏、関西近辺に強い転職エージェント「マイナビエージェント」のご紹介です。

 

マイナビエージェントは株式会社マイナビが運営する老舗エージェントです。

大きな特徴の1つとして、マイナビエージェントは大企業のみならず、中小企業にも太いパイプを持ってるのが心強いポイントです。

 

マイナビエージェントを使うべき人は

  • はじめての転職で何から始めたらいいかわからない。
  • 一人で転職活動が不安なのでアドバイスが欲しい。
  • 現在、35歳以下である。
  • 大企業にこだわりはない。有力な中小企業も紹介して欲しい
  • 勤務地は関東近辺、関西企業が希望。
  • 職務経歴書の作成などのアドバイスもしてほしい人

ってな感じです。

 

スムーズに転職を決めたい方は、優秀なキャリアアドバイザーが多数在籍し、転職のAtoZを全て面倒見てくれるマイナビエージェントを使わない手は無いですね。

というわけで以下解説します。

マイナビエージェントです。IT業界案件も強め。

マイナビエージェントトップページ。ITにも強い。

総合転職だけじゃなく、WEB系、ゲーム系、大手SIerともパイプの太いマイナビエージェント

IT関連はとにかく給料が高いですからね。

IT系なのに給料が上がらない人は立ち位置が悪いのかもしれません。

 

ちゃんと正しく評価してくれる企業に身を置くことが大事ですよ。画像はほんの一例です↓

マイナビエージェントのIT転職事例

実際、転職で給料が上がったという多数の事例あり。

マイナビエージェントで年収アップの例(IT)

そして大企業だけじゃなく、光ってる中小企業の案件が多いのも特徴です。

 

リクルートエージェントやDODAと合わせて転職の時は使っておきたいエージェントですね。

転職成功実績No. 1のリクルートエージェントの無料登録画面 リクルートエージェント大阪って評判悪い?費用は?実際30代転職で使ってみたぼくが特徴を解説。 デューダの特徴を解説。10万件を超える求人。職種、年齢、経験を問わず利用できるサービスです。 【30代40代転職に必須】デューダ(doda)の特徴を実際使ってみたぼくが解説。転職はじめての人も使いやすい理由。

マイナビエージェントの特徴はIT技術職、メーカー技術職強い事。金融系、営業職も求人数はトップクラス。

IT技術職、メーカー技術職に強いマイナビエージェントの業種別求人割合

図のように男性の場合はIT通信系、メーカー系の求人が半数以上。かなり特化してますね。

転職エージェントって各会社でそれぞれ強みが違うので数社登録しておくことが大事です。

 

マイナビエージェントの場合は35歳までのIT、メーカー系、金融系、営業系の仕事に強いと覚えておきましょう。

 

※IT業界経験者なら、WEBエンジニア、プログラマーに特化したレバテックキャリアもオススメです。

関連記事:【レバテックキャリアの評判を徹底解説】ITエンジニア、ウェブクリエイター専門の特化型転職エージェント。未経験のポテンシャル採用もアリ?

 

35歳以上の方は、リクルートエージェントデューダに登録して転職活動を進めるのが王道です。

関連:転職は無理ゲーじゃない(30代後半でもOK)!給料ずっと低いままの会社は速攻でやめるべき理由。おすすめ転職エージェントも紹介。

マイナビエージェントを使った人の成功事例

業界に精通したキャリアアドバイザーが充実。はじめての転職でもしっかりサポート。

マイナビエージェントのキャリアカウンセラーの優秀さ

専門領域、業界に精通したキャリアアドバイザーが転職者をしっかりサポート。具体的には

  • 求人企業の社風や雰囲気
  • 入社後のキャリアの流れ
  • 書類選考、面接の難易度
  • 平均残業時間、育児休業の実績などなど・・・。

直接、企業には聞きにくいこともマイナビエージェントのアドバイザーは答えてくれますので安心です。

利用はもちろん無料です。

 

転職エージェントの利益の仕組みは別記事で書いてますのでご参考まで。

30代後半でも使えるおすすめ転職エージェントサービスの特徴まとめ。一般転職サイトとの違いも説明した完全転職マニュアル。

 

IT系以外の転職案件もマイナビエージェントは充実してますので、転職活動を有利に進めたい方はチェックしときましょう。

メーカーに転職したいなら一緒に「Ties転職エージェント」も使っておくといいでしょう。

関連:【タイズ】関西のメーカー転職に特化型エージェント。大阪、兵庫、京都、奈良の地元転職を考えてる人はTiesがかなり使えるので解説。転職&ものづくり企業へ

TRY NOW

まとめ:転職エージェントは複数登録して比較検討しながら転職活動を進めましょう。

1つの転職エージェントに頼るのはあまりおすすめしません。少なくとも2つの転職エージェントに登録して転職活動をするのがおすすめ。

 

転職という機会は普段触れられない環境と接するチャンスなのでこの機会に色々見ておくことをおすすめします。

 

というわけで今回は以上です。

転職に不安はつきものですが一人で悩みすぎは良くないので転職エージェントに相談しつつ頑張りましょう。

TRY NOW

 

デューダの場合、登録後1ヶ月以内を目安にキャリア面談があります。転職への解像度が上がるのでオススメします。

【デューダの真相とリアル】実際にdodaのエージェントと面談してみた感想。30代40代は登録すべき!
転職活動の履歴書の書き方を説明します 30代転職での履歴書の書き方。手書きはしなくてOK。A3パソコン出力でOK。 履歴書のイラスト 【30代転職】面接において一番大事なことは「論理的な説明」です。まず理屈で納得しないと採用されない。 転職には必須の職務経歴書の書き方を解説します。 【30代40代の転職】職務経歴書の作成がわからない人向けに書き方を転職成功者が解説します。 転職支援サービスのミイダスのトップページ 【ミイダスの利用方法と特徴】職務適性と転職市場でのあなたの価値をチェック。利用者数は44万人(2020年7月時点)。

【30代40代の転職】書類選考対策:職務経歴書のわかりやすい書き方を経験者が解説します。

【正社員に特化のレバテックキャリア】ITエンジニア、ウェブクリエイター専門のおすすめ転職エージェントをくわしく解説。

面接で退職理由・転職理由を聞かれたらネガティブでマイナスな答えはダメなのか?実は言ってもいいけど答え方がだいじな件。

【現実的】世代別:転職エージェントおすすめランキングベスト3を30代後半で会社辞めて転職したぼくが解説する。