30代後半でもOKの転職方法

【重要】転職してもダメな人、転職成功しない人の思考法。会社に期待、依存するだけの人は失敗する。

ひらめき、電球

どうも、12年勤めた会社(給料激安)をやめ、37歳で転職した経験があるブロガー、ダリーウメモです。

「別に今の会社にこだわることなんてなくて、割とサクッと転職しちゃいなよ」と何回も言ってるぼくですが、「転職してもダメな人、転職して成功できるマインドをまだ持ち合わせていない人」ってやっぱ、どうしてもいるわけですよ。

結論を先に言うと、「会社が色々と自分のためにやるべきだし、そういう会社をぼくは探すんだ」みたいな依存症的な人はダメです。転職したとしても、成功は無いでしょう。面接でもそういう人は見抜かれます割と。

日本の会社って持ちつ持たれつのところはあるけど、全面的に「依存」するタイプの人は転職してもうまく行かないと思います。

そういう依存的な人は今の会社でずっといて、ずっと文句言ってる方がその人にとってはいい。

会社にとっては迷惑な話で、プラスにならない人だけど、ま、そういう人もひっくるめて、会社っていう形でもあるのでそこはなんとも言えなません。

会社に余力があるのなら、会社に養ってもらえばいいんじゃないですかっていう。

というわけで、今回は「転職したい」って言うその前に、「マジでその考え方で転職大丈夫?今の会社でいれるなら在籍したら?」という転職やめた方がいい人の特徴をまとめます。

マインドをしっかり持たないと、受け入れる会社も入社する社員であるあなたも両方、不幸になりますので。


転職しても人生が好転しない人の特徴。自分から価値を生み出そうとする人じゃないと転職しても割と厳しい。

自分の転職理由は全て今の会社のせいだと思っている人は転職しても、活躍はできる可能性は低い。能動的に仕事はやらないとね。

ぼくは後半3年間くらいは違和感満載で前の職場で働いていたけれど、全てが全て会社のせいでやめたというのではなかったです。

会社の責任ってのは80%くらいかな。って多いか笑。

とは言っても、転職の理由なんて割と軽いノリでもOKでして、ぼくの場合は、西郷隆盛の生き方をドラマや本で知って影響されたのと、平成が終わるし・・・というのも転職理由でした。

どうですか、非常に軽いと思いませんか。

要は、今の職場に恨みたっぷりで辞めるというのはよくないって事です。

恨んでもそれ、エネルギーの使い方間違ってますよ。

そういう恨みっぽい人は割と転職全然しなかったりせずにベテランになってるパターンも多いんですが、人生としては面白くないしストレスフルなんでマネしない方がいいですね。

自分のことを徹底して「つまらない人間だ」と自己評価が低い人は転職しても状況は好転しにくい。まずはマインドから変えないと。面接に来られてもビックリされて終わりますよ。

日本人の自己評価が低い理由は教育と会社の環境によるところが大きいですね。

要は長い学校教育と会社の教育で洗脳されてるんですよね。だから自己評価が異常に低い。これをまず、半分空元気でもいいから打破しないと、ヤバイですね。

会社って「お前の代わりなんかいくらでもいるんだよ、働かせてもらってるだけありがたく思えよ」っていう風に洗脳するためのシステムなので、そんな環境にいたら、自信なんて湧いてこないですよね。

転職に向けてのマインド作りの方法としてはブログ運営が一番いいんじゃないかなとぼくは思ってますので、まずはワードプレスでブログを始めるのがいいと思いますよ。これはマジです。

人間ってアウトプットしないと腐るようにできてますからね。

ぼくもブログを始める前までは非常に自己評価の低いクソ人間でした。ブログで割と人生変わりました。

関連:ブログで生産脳を鍛えたおかげで暗い社畜だったぼくにも光がさしてきた!

アウトプットしないと愚痴ばかり出て、行動しない人間となりつまらない人間になりますのでご注意ください。

関連:会社やめたい、行きたくないという人はワードプレスでブログを始めるといいよ。人生変わるよ。

まとめ:実は「転職する意志」が芽生えるだけでも、その人は割と有能の可能性大。その前に自分のマインドは大丈夫か自問自答してみてください。大丈夫だと思えたら、即行動です。

人生が好転していく計画グラフの図

何かを変えようと思ってない人は「転職」なんていう選択肢は出てこないですからね。

そういう発想を根絶やしにして搾取するのが日本の多くの企業の特徴ですから。こわいです。というわけで、「転職」が頭に浮かぶ人は有能です。目覚める才能があるのです。自分の人生を真面目に自分のこととしてとらえている可能性が非常に大きいです。ようこそ。

ぼくが言いたかったのは「会社に何から何まで面倒見てもらおう、そして出来るだけ仕事はしたくない、家帰って趣味やゲームするんだ」みたいな人は転職しても成功しないので、転職したいならまずは根性入れ直せってことですね。

テッパンの転職術は素直に転職エージェントを利用すること。まずはデューダとリクルートエージェントでOKです。

サクッと行動した方が成果は速まりますので、思い立ったら行動することを強くおすすめします。

30代後半の転職ってぼくも不安でしたが、順序を踏んでいけば大丈夫です。ぜひ、転職エージェントを利用してくださいね。

転職エージェントって何?一般転職サイトと何が違うのさ?って人はぼくの記事呼んでくださいね〜。

関連:30代後半でも使える転職エージェントサービスの特徴まとめ。一般転職サイトとの違いも説明した完全転職マニュアル。

自分の価値を下げるような会社は辞めるべきです。おすすめ転職方法は転職エージェントを使うことですね。

doda【デューダ】のエージェント面談に行ってきた実体験まとめ【絶対おすすめの転職エージェント】doda【デューダ】エージェント面談して確信した感想まとめ。30代、40代の転職成功したい人向け!履歴書のイラスト【30代転職の面接対策】面接において一番大事なことは「論理的な説明」です。転職には必須の職務経歴書の書き方を解説します。【30代40代の転職】書類選考対策:職務経歴書のわかりやすい書き方を経験者が解説します。