【最強】HanesのビーフィーTシャツの着心地、サイズ感、何がすごいのかを解説する。

ヘインズのビーフィーTシャツ(BEEFY)を広げた画像。色はネイビー。

本ページには広告が含まれています。

どうも、地元では言わずと知れたTシャツ好きで有名なダリーブルースです。

 

さて、HanesのBEEFYです。こちらも言わずと知れた「名品」でございます。

何がBEEFY(訳:たくましい)かって、生地が分厚くて丈夫なんでございます。

created by Rinker
Hanes(ヘインズ)
¥2,077 (2024/07/15 15:28:04時点 Amazon調べ-詳細)

最近…と言っても2018年くらいからでしょうか、やたらにユニクロなどで「ヘビーでオーバーサイズ」なTシャツが販売されていましたね。あれって実際に流行っていたんでしょうか。

興味が無いので私が見えていなかっただけかも知れないですが・・・。売れて・・・たんですかね?

 

「むやみに」分厚い生地だと、夏にはクソ暑いし、冬だとインナーとしては不便だし、一体いつ着ればいいんだと。

私は上記のように常々感じていたので、「アンチ・無意味な分厚い生地・オーバーサイズTシャツ」の態度を取っておりました。

 

で、今回紹介するのはHanes BEEFY-Tシャツです。

生地は厚いTシャツなわけですが、こちらはちゃんと「意味のある厚さ(6.1オンス)」です。

丈夫でかつ、ゴワゴワせず、夏はこれ一枚で決まる。そして冬はインナーとしても機能する。

 

こういう「当たり前」のことを高度な次元でやってのけるのがBEEFY -Tシャツなのです。

いや、マジで安心感が違うんですよ(爆)。この生地の厚さを考えた人は偉大だと思います。

 

BEEFYシリーズの発売は1975年と50年近くの歴史があります。

発売当初はヒッピーなプリントTシャツ用に作られました。当然一枚で決まるように作られているわけです。

ヒッピー文化にはあまり詳しくないんですが、オールマン・ブラザーズ・バンドのデュアン・オールドマンみたいな感じじゃないですか。こんな感じの方にBEEFYは支持されてきたんだと思います。

というわけで前置きが長くなりましたが、進めます。

created by Rinker
Hanes(ヘインズ)
¥2,077 (2024/07/15 15:28:04時点 Amazon調べ-詳細)

Hanes BEEFY Tシャツを実際に買って着てみた感想。コスパ、着心地は共に最高レベル。

ヘインズ(Hanes)BEEFY -Tシャツのパッケージ Lサイズ ネイビーカラーの画像

まあ、とにかくヘタレないんですよ。丈夫だから。着心地も最高レベル。安心感がすごいです。

それでいていわゆる「ボックスシルエット」というのですが、ストンとした超絶シンプルなシルエット。いや、これなんですよ求めていたのは・・・という感じ。

 

ボックス感が出ている要素の一つには「丸胴編み」が関係しています。要は脇に縫い目が無い作り。

「Tシャツペラペラ勢」は割と脇に縫い目があります。夏に一度街中でチェックしてみてください。丸胴が正義であると覚えておきましょう。

 

元はプリントTシャツ用に作られたというBEEFYなのですが、ここはもう無地一択でしょう。

おっさんになるとだんだん、確実に前面にデザインの入ったTシャツが苦しくなります、しんどくなります。

 

着る方もしんどいし、見る方も疲れるわけです(爆)。悲しいですが、現実です。

 

そこで「最強Tシャツ」探索の旅が始まるわけなんですが、いやもうこれですわ、BEEFYなんですよ解は(爆)。

 

一応、ぼくは最近復刻したというアメリカ製のTシャツブランド「ベルバシーン(VELVA SHEEN)」をいつか試してみるつもりです。

しかしながら、コスパだけ見ればBEEFYに確実に軍配は上がるでしょうね。ベルバシーンは一枚5000円くらいしますからね・・・。ま、こちらは実際に買ってみてからまた記事を書きたいと思いますが・・・。

created by Rinker
Hanes(ヘインズ)
¥2,077 (2024/07/15 15:28:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

ヘインズビーフィーTシャツのサイズ感について。だいたいいつも通りのサイズでいいですよ爆。

私は身長約180センチ、体重83kgでござる。

とりあえずLサイズを買いましたが、はい、ちゃんと正解でした。

 

というわけで普段のいわゆる「日本サイズ」の感覚でいいと思います。

ちなみに1999年に購入したBEEFYはMサイズだったのですが、ちょっとこれはジャストサイズすぎましたね。ジャストサイズ好きにはたまらないかもしれませんが。私の体重が当時からすると、10kg以上増えたのもありまして・・・。

以下に画像を載せておきます。

歴史的)新旧Hanes BEEFY Tシャツを比較。現行はタグレスですね。

もはやビンテージと言っていい24年前に販売されていたヘインズビーフィーTシャツ(左側)と現行ビーフィーTシャツの比較画像。年を経て左側ビンテージは色落ちしているのがわかる。

左が1999年当時のものです。色落ちがいい感じです。もう少しでテキサスに行けそうです。

オールド・ビンテージなHanes Tシャツのタグ画像。1999年に購入したもの。サイズはM(38-40)。色はネイビー。

↑上記の通り、1999年当時のBEEFYは首元にタグ仕様です。20年以上昔のデザインとなると中々ビンテージな感じも出てきますね。

Hanesってあまりにも日常的なブランドすぎて、古着屋とかにもほとんど置いてないんじゃないですかね・・・。

というわけで貴重画像でした。

created by Rinker
Hanes(ヘインズ)
¥2,077 (2024/07/15 15:28:04時点 Amazon調べ-詳細)

結論:無地Tシャツでどれがいいか迷うなら、歴史のあるBEEFY一択でOKです。

はい間違いありません。透けないし安っぽくも見えませんからね。一枚で決まるのは本当にありがたい。

created by Rinker
Hanes(ヘインズ)
¥2,077 (2024/07/15 15:28:04時点 Amazon調べ-詳細)

というわけで今回は以上です。

無地Tシャツ探しに疲れ切ってる人は参考にしてみてください。

 

こちらもどうぞ: