驚愕!ブラック企業にとって「経営理念」は洗脳の手段に過ぎない。




どうも、新卒ブラック西日本代表のダリーです。今回は主に、新卒で就職活動を控えた人向けの記事です。

崇高で大げさな「経営理念」を掲げている会社、そしてそれを新入社員に入社してすぐの時期に徹底的に教え込む企業って基本的に、ヤバいですよ~っていう記事を先日書きました。

関連:ぼくのブラック企業体験談(2004年新卒で入った会社)を語る!

新卒時、ぼくは恥ずかしいほどの世間知らずでした。そして就活もほとんどせず、比較検討する企業が頭の中にありませんでした。

そんな状態でみっちりと「経営理念」講義を受けると人間はどのようになってしまうのか?実体験を書きます。

結論から言うと、新入社員当時の「経営理念講義」でコロッとぼくは洗脳されました。しかしその後、配属された職場環境は最悪そのものであり、ぼくは2年で辞めています。地獄体験。


「経営理念」講義はオフィスからは断絶された「会議室」で行われた。

武器を持つ破壊者

たまにニュースなんかになったりする人里離れた「研修センター」で行われる怒号が飛ぶ研修。

ぼくの場合はそんな雰囲気ではなかったのですが、今から考えると割と異様な研修でした。入社後1か月ほど、事務所の喧騒を離れた会議室で、新入社員6人に対して、座学の研修が設けられるのです。

社員が60名ほどの会社なのに6名も新卒を採用ってかなり多いですよね。何人かは辞めることを前提とした採用だったのでしょうね。

会議室で行われた理由は、当時のオフィスの雰囲気が最悪だったからですね。いきなりそこに配属すると新入社員は卒倒するでしょうから、「経営理念講義」で「社会人としてのあるべき姿」を学ばせてから現場に投入しようという算段だったのです。(現場環境を改善する気はゼロという事に注目)

密室新人研修。その内容とは?

基本的に、講師は専務がやってくれました。こちらの専務はオーナー社長の親族ではないのに専務のポストについていた方です。その会社ではすごい出世です。

ぼくは「クソ真面目」なところがあり、学校でも休み時間よりも授業の方が好きだったという変わった性格だったので、座学の研修はかなり真剣に聞いてました。

内容としては、A4のプリントにデカい文字で平均30文字くらいのオーナー社長からの「格言」、「社員としてのあるべき姿」などが書かれたものを順に解説していく・・・といったものでした。

今から考えると、そんなに大したことは言ってないのですが(爆笑)、当時のぼくは真剣でした。典型的な若いバカだったのです。

まず、プリントが配られ、あんまり覚えていませんが、新入社員が順番に「経営理念」と呼ばれる社長の格言を読み上げます。その後、専務がうやうやしく解説を加える・・・というスタイル。

例えばこんな感じでしょうか。

いかがでしょうか。書いてて頭がおかしくなりそうになってきました。

「アホみたい!」と思われるかもしれませんが、当時のぼくは「社会人」になったことで一人前になった気分でした(就活ほとんどしてないくせに!)。

そして、「ぼくはこんな崇高な理念を会社で学んでるんだ!」とアホな矜持さえ持ってました。

本当に恥ずかしい話ですが、同居してた両親にも「お前ら(両親の事)は、レベルが低い!オレは会社でこんな立派な事を学んでいる!」みたいな事を言ってました。実家で住まわせてもらっているのにもかかわらず…。

大学の友人と、居酒屋に行った時も(その友人は確か留年中でまだ大学在学中でした)、会社のカバンから「経営理念」のファイルを取り出し、「ぼくはこういう事をやってるんだ」という恥ずかしい話をした記憶があります。

まー、要は企業が仕掛けた洗脳に見事にひっかかっていたというわけです。若いってこわい。まーぼくが洗脳されやすい性格だったってのもあると思いますが。

まとめ:その「経営理念」、経営者のためだけのソルジャーへと「洗脳」するための危険なものかもしれないよ。若者は気を付けて。

かわいいクマの絵

恥ずかしい話です。ぼくはバカでした。

これを読んだ皆さんは、こういう事がないように願うばかりです。「この人の言ってる事は本当に正しいのかな?」という当たり前の発想を忘れないようにしてください。

万が一、こんな企業に入ってしまった場合は即刻、転職を検討すべきでして、今ですと「転職エージェント」を使うとサクッと転職可能です。

20代の若者なら書類選考もバンバン通ります。37歳で転職活動したぼくはだいたい書類選考の時点で落とされました…。行動は、はやいうちがいいので、「まずは最低3年」とか言ってないで、サクッと次のキャリアを目指しましょう。

関連:衝撃!転職希望者の8割は会社にないしょで活動を進めているらしいぞ。

今なら、「ITエンジニア」が超人手不足で、今後10年間、この状況は続くと言われてますね。

まずは「派遣エンジニア」から、エンジニア!という道も20代なら全然アリ。派遣で1、2年経験を積めば超高給(月収60万とか)の「フリーランスエンジニア」になれる可能性も有りです。

未経験からでもできる仕事が派遣エンジニアの場合はたくさんあるので若い人は登録しておくことをオススメします。

時給制で交通費も出ないところが多いですが、時給1600円以上の案件が沢山あるので、1,2年は修行期間でやってるみるのもいいと思います。身につけた経験は全部自分の資産になりますからねエンジニアの場合。

【20代向け】未経験からITエンジニアになりたいなら、まずはIT派遣に登録

2018.02.04

現在、30歳以上の方は、一般企業に転職…をオススメしますね。エンジニア職はどうしても若い人が好まれますからね…。ぼくもエンジニアにあこがれていたのですが。

といっても転職エージェントには非公開求人含め、案件が豊富なので気を落とす必要はありません。給料って自分の能力も大事ですが「業界」によっても変わりますからね。

今の職場で消耗してるならサクッと転職にマインドをシフトしましょう。

doda【デューダ】大阪支社で転職エージェントと面談してきた感想(30代男性)

2018.10.09

衝撃!転職希望者の8割は会社にないしょで活動を進めているらしいぞ。

2018.10.09

リクルートエージェント大阪支社で転職相談してきた感想(30代男性)

2018.09.25

転職エージェントサービスの特徴まとめ。当方、37歳求職中。

2018.09.23

ミイダス【MIIDAS】実際に使ってみた感想。37歳のぼくの適正年収は果たして。

2018.09.18




ダリーのインスタ!ダリスタグラム!!

荒ブルース!!なギター弾き語りをお届け中!!

ツイッターフォロワー大募集中!!目指せ10000人!

ダリッター!なるべく有益な事をつぶやきます!フォロワー大募集中!!

ABOUTこの記事をかいた人

35歳から人生と稼ぎ方を見直しに入ったスロースタートな気絶系ブルースマン、ダリーです。大阪市在住。情弱オッサンからの脱却方法をご提案致します。ブルースと転職関連記事が多め。 当ブログは「自分の人生ってホント、面白くないよな〜…」と言う潜在的な悩みを抱えている人たちに向けて書いてます!!!  ネットを駆使して、情弱だったただの社畜オッサンが激ヤバになっていく過程をお届けします。みんなにもそうなってほしいですね〜。 ブログタイトル通り、ブルース好き。2018年10月からYouTubeも始めました。