ブルースギターのコード進行の基本(初心者向け)。音楽の才能が無いぼくでもできた!

ブルースの基本的な進行について説明します。




どうもブルースマンのダリーウメモ です。

さて先日カテゴリー整理をしていたところ、まだブルースブログの「ギターの話」カテゴリが5つしかないことがわかりました。

ギターの話カテゴリー はこちらから!

ダリー
ブルースブログなのに(一応)これはなんかまずいな!!!やっべ!

というわけで、今日は簡単にブルースギターにおけるブルースコード進行の説明をしていきます。

ちょっと普通の説明ではないですが興味のある人はどうぞ。ツイッターフォローもお願いします。

普段ぼくはこんなギターを弾いています。

ブルース音楽においては普通は3つのコードしか使いません。要はドとファとソの音階です。



はい。キー(音階)がどんなに変わっても3つのコードです(弾く位置、ポジションは変わりますが)。

本当にドとファとソ…で弾くのならば6弦をルート音(ド)にして8フレット目で弾く事になります。

まーでも基本歌う音程や曲の雰囲気に合わせて音程は変えて行くものですよね。

ずっとドの世界にいてはいけませんので6弦のルート音(元となる音)を変えていくわけですね。

当然6弦だけでなくて5弦がルート音になる事もあります。が、6弦がルート音が多いですね。そしてまあ、わかりやすいですね。5弦ルートも面白いわけですが。

ライトニン・ホプキンスなんかは6弦ルートの曲がほとんどです。

関連:ブルース弾き語りって最初は誰から聴けばいいの?ライトニン・ホプキンスがおすすめです。

ブルースギターでよく使う代表的な6弦ルート音をご紹介。

●KEY E・・・開放弦のE音(要はドレミファの「ミの音」)です。

要はミの音でも「ド」の役割もできるんだ!って事ですね。

ブルースにおいてはこのKEY Eだけ覚えておけば良いくらいの重要なポジションですね。音階を変えたければ、カポタストを使えって言う。あっ、カポタストはこういうやつですよね。

この記事で出てきます↓。オープンチューニングの話はこの項では忘れていて下さい。ややこしいかもです。

ブルースギター初心者向け!:オープンチューニングこれだけ知っておこう3選!

●KEY A・・・6弦の5フレットがA音(ラの音)です。

そこがいわゆる「ド」になるポジションです。これもブルースでは定番のポジションでして理由はまー色々と弾きやすいんですよ。詳しくは避けますここでは。

伝説的ブルースマンのロバート・ジョンソンも得意としていたAのブルースです。

関連:ブルースギター弾き語りしたい!おすすめは打田十紀夫さんのデルタブルース教則本ギター・スタイル・オブ・ロバート・ジョンソンです!!

ブルースの基本的なコード進行について。

ぼくもあまり数えたことはないですがブルースは基本的に12小節の繰り返しの音楽形式です。型が大体決まってます。

これだけ型が決まってたら自由度が低いようにも見えますがまあ、あまり気にならないので楽しんで行きましょう。

さっきのロバートジョンソンはたまに小節形式を守らなかったりしてます(わざと?)。ライトニン・ホプキンスも然りです。でもそれが案外かっこいい効果を生んだりするので面白いです。

さて、ではブルースの基本的進行をここでも文字だけで説明して行きましょう。

ブルースのリズムの刻み方って、基本的にはズッタズッタズッタズッタ♫という「シャッフルビート」というやつなんですが、そこまで文字起こしするとわかりにくいので「ドー」と伸ばした表記で行ってみます。

★代表的なブルース基本進行

ドー|ファー|ドー|ドー|

ファー|ファー|ドー|ドー|

ソー|ファー|ドー|ソー

※太字の最後の「ソ」は曲の最後では「ドー」に変わります。曲は普通はルート音で終わりますので。

はい。こんな感じです。数えていただくとわかりますが12個小節がありますよね。1小節には四分音符がとりあえず4個分です。この12小節の中で様々な名演があるわけです。

まあ、かのジミ・ヘンドリクスも言っているようにブルースはただ演奏するだけなら簡単な音楽です。

でもそこにエモーションまで乗せるとなったら話は別です。簡単なだけに奥が深いという例のアレがブルースにも当てはまります。

まとめ:ブルースはとてもプレイするだけなら簡単な音楽です。チャレンジしてみて下さい。

ダリーウメモのyoutube動画

はい。ぼくもこの辺のことがわかったのは30歳超えてからでした。

昔バンドやってた20代前半の頃は一応曲の途中では12小節の最後は「ソ」で終わらないといけないのにずっと「ド」でまた次の小節展開に行ってました。要は無知だったのです。

ここまで無知だと、流石に多少ブルースに詳しいお客さんは聞いていて「シーン・・・」となってしまいますので気をつけましょう。

最後にぼくの超おすすめのブルースギター教則本を紹介します。

記事にもしています。みんなもブルースマンになろう!

ブルースギター弾き語りしたい!おすすめは打田十紀夫さんのデルタブルース教則本ギター・スタイル・オブ・ロバート・ジョンソンです!!

 

関連記事

伝説のブルースマン、ロバート・ジョンソンは何がすごいのか?大阪のブルースマンが書きます。

「準備はいいか?」と聞くダリーウメモ

初心者必見!ブルースマンになる方法を具体的に語る!

2018年10月22日
Blind Boy Fuller【ブラインドボーイフラー】を紹介します!

ブラインド・ボーイ・フラー【Blind Boy Fuller】!超絶ギターテクニックのブルースマンの魅力を解説します。

2018年10月20日
【ビッグ・ビル・ブルーンジー】Big Bill Broonzyという偉大なブルースマンをご紹介!

【Big Bill Broonzy】ビッグ・ビル・ブルーンジー。シカゴブルースの父と呼ばれた偉大なブルースマン

2018年10月19日
R.L.Burnsideというブルースマンを紹介します!

【R.L.Burnside】RLバーンサイド!ミシシッピの激ヤバブルースマン!

2018年10月19日
淀川でジャンプする少女

Mississippi Fred McdoWell(ミシシッピフレッドマクダウェル)というブルースマンが激ヤバイ件

2017年6月1日
雷鳥の前にいるダリー

ブラインドウィリーマクテル【Blind Willie Mctell】。12弦ギターの洒脱なブルースマンを語る。

2017年4月13日
田舎の風景。夜。

サンハウス【Son House】のデスレターを解説。生と死を叫ぶブルースマンの物語。

2017年4月9日

スポンサーリンク




スポンサーリンク






ブルースの基本的な進行について説明します。

ABOUTこの記事をかいた人

35歳から人生と稼ぎ方を見直しに入ったスロースタートな気絶系ブルースマン、ダリーです。大阪市在住。情弱オッサンからの脱却方法をご提案致します。ブルースと転職関連記事が多め。 当ブログは「自分の人生ってホント、面白くないよな〜…」と言う潜在的な悩みを抱えている人たちに向けて書いてます!!!  ネットを駆使して、情弱だったただの社畜オッサンが激ヤバになっていく過程をお届けします。みんなにもそうなってほしいですね〜。 ブログタイトル通り、ブルース好き。2018年10月からYouTubeも始めました。