「自分は無理…」と思ってる人のための転職方法はこちらをクリック

いきなり戦前ブルースはしんどい人へ。ブルースロックのおすすめアーティスト。

ブルースロックのおすすめアーティスト、アルバムをご紹介します。

どうも、ブルースマンのダリーウメモです。今日は「ブルース聞いてみたけど、ピンと来なかった」、「ブルース弾き語りって正直、聞くのしんどいし疲れる」、「戦前ブルースは沼すぎて、苦手」という人向けの記事です。

結論としては、本格的なブルースがしんどい人は「まずは戦前ブルースとか聴くよりもブルースロックを聴いてみてはいかがでしょうか?」ということです。

ブルースロック・・・名前の通り、ブルース進行に沿ったロックですね。このへん、曖昧で人によって解釈も分かれそうですが。

というわけで、おすすめのブルースマンたちとアルバムを紹介していきます。

実はだいたい、Amazonprime会員であれば、Amazon primeミュージックで無料特典としてで聴けるブルースマンも多いのでお試しください。



洋楽ブルースロックのおすすめアーティスト、バンド。

マジック・サム【Magic Sam】:あのジミヘンにも影響を与えたと言われるいぶし銀のブルースマン。

マジックサムに関してはアマゾンプライムミュージックに、アルバムは入っていません(曲単位では数曲聞けますよ)。

マジックサムは1937年アメリカのミシシッピ州生まれのブルースマン。32歳で亡くなっているのが惜しまれます。

印象としては、「非常に聴きやすい」です。あんまり古臭い感じもしません。それでいて、バキバキのブルースギター。要はブルースロック入門としては最適かなと思います。

バキバキの威勢のいい音ですが、ピックは使わず、指弾きですね。

このアルバム買いました↓シンプルな三人組のバンド構成です。

ジョン・メイオール&ブルースブレイカーズ with エリック・クラプトン:ギターが鳴りまくるクラプトンの出世作。

一応、ジョン・メイオールがボーカルでリーダーなんですが、クラプトンが目立ちすぎです。でもかっこいいのでOKです。

ヤードバーズを脱退したクラプトンが入ったのがこのバンド、blues breakers です。映画「12小節の人生」によりますと、クラプトンは一瞬でこのバンドも脱退して、クリームを結成するわけですが。

何にせよ、ギターがヤバイのでオススメです。必聴。

キャンドヒート【Canned Heat】:普通に聴きやすい白人ブルースロックバンドです。

黒人のブルースに感化された白人のバンドですのでだいぶ、噛み砕かれているわけです音が。つまり聴きやすい。ギターも当然、エレキギターですので違和感なく耳に入ってきます。

バンド名は「熱されて爆発寸前の缶」って感じでしょうか。

ボーカルの人が太り過ぎのような気もしますが、かっこいいのでOKです。

 

スティービー・レイ・ヴォーン:名前は覚えにくいですが、早弾きブルースギタリスト界の頂点に君臨するお方です。

どうやって練習されたのですか?それ、ブルースじゃなくてもよくないですか?というくらい激しいギターを弾き鳴らすStevie Ray Vaughan【スティービーレイヴォーン】氏。

ギターがうますぎてよくわからない状態です。

まとめ:ブルースロックは普通に聴きやすいですし、カッコよさも割とわかってもらいやすいです。

はい。戦前ブルースの沼にハマると、普通の人はなかなか理解してはくれないですが、ブルースロックならすんなり受け入れてくれるでしょう。まさにブルース入門編としてはぴったりなのです。

というわけで、ブルースロックのカッコいいアルバムをまとめてみました。ブルースの探求の参考にしてみてください。

戦前ブルースの世界に行きたくなった人はこちらの記事もどうぞ。

盲目の戦前ブルースマンを聴こう!自分はもう死んだ設定になってる墓のブルースをご紹介。