「自分は無理…」と思ってる人のための転職方法はこちらをクリック

ブルース弾き語りって最初は誰から聴けばいいの?ライトニン・ホプキンスがおすすめです。

ブルース弾き語り初心者はライトニンホプキンスがおすすめです。

どうも、ブルースマンのダリーウメモです。さて、前回はブルースロックの話をしましたが、今回はブルース弾き語り、一体どれから聴けばいいのかわからない問題についてです。

ブルースロックのおすすめアーティスト、アルバムをご紹介します。いきなり戦前ブルースはしんどい人へ。ブルースロックのおすすめアーティスト。

「ブルースロックはだいたい聴いてきたけど、古い戦前ブルースマンとかって一体誰から聴いたらいいの?正直、ロバート・ジョンソン聴いてみたけど、ピンと来なかった・・・」という人向けに今日は書きます。

結論を言うと、ライトニン・ホプキンスはとても聴きやすいのでおすすめします。


ライトニン・ホプキンス。まさにライトニン節と言うべき、ベト 〜っとした歌声とキレキレのギター。

聴けばわかるのですが、歌の感じ、ギターの感じがだいたいいつも同じです爆。

でもそれはマネしてみようと思ってもなかなかできるもんじゃありません。そこが不思議なところでして、いつもサングラスなのも好感がもてますね笑。

いわゆるよくある、ブルース進行そのものなんですが、かなりわかりやすい。ブルースロックへの門戸を開いたのはこの人の功績が大きいと思います。

「ブヘヘっ…」って感じで不敵に笑います。そんな感じです。Please don’t go という曲をやってる動画を1つご紹介。

ギタースタイル、立ち居振る舞いにも「不良」な感じが出ており素晴らしいです。ブルースマンでカーディガンは珍しいですが、そんなことは気にしないスタイルがいいですね。マネさせていただきます。

実はあの伝説のブルースマン、ブラインド・レモン・ジェファーソンにギターを教わったことがあるらしいです。

関連:墓のブルース2選!盲目の戦前ブルースマンがヤバい!!

でも、ブラインドレモンジェファーソンの影響はほとんどギターからは感じませんが・・・。それほどライトニンホプキンスはオリジナルな存在なのです。

聴いた感じはまさに「初心者に優しい」。でも、普通じゃない、ただならぬオーラがムンムンです。

すいません。またPlease do’nt goになってしまいました。↓

歌詞の内容はだいたい、妻を寝取られたとか不倫だとかそういうのが多いですね。日常の一コマです。

僕は当初、ジョン・リー・フッカーとごっちゃになってましたが、ギタースタイルは全然違うので混同しないようにしましょう。

ライトニン・ホプキンスの特徴まとめ

以下にまとめます。

  • 初心者でも聴きやすい。
  • 割と小節を無視したりする。そこもカッコいいことにしてしまうヤバさ(バックバンドの人は大変)
  • キャラクターも親しみやすく、気難しい感じがしない。割と明るいブルース。
  • ギターが簡単そうに見えるが、実は結構難しい。

はい、そんな感じですね。簡単なようでいて、何回聞いても味が出るブルースマンです。

というわけでブルースどれから聴けばいいかわからない人は参考にしてみてください。ありがとうございました。

ライトニン・ホプキンスおすすめアルバム

たまにめっちゃ高速な曲もあるので面白いです。