「自分は無理…」と思ってる人のための転職方法はこちらをクリック

ブルースギター弾き語りしたい!おすすめは打田十紀夫さんのデルタブルース教則本ギター・スタイル・オブ・ロバート・ジョンソンです!!

オススメのブルース教則本はこれです

まいどブルースギターの人です。ダリーウメモです。軽く自己紹介↓

ダリー・ウメモって誰なの?簡単に名前の由来から再度説明します。

はい。本日は、ぼくのブルースギターの上達に大変貢献してくれたありがたい本を一冊紹介します。

打田十紀夫著さん著のデルタブルース教則本「ギター・スタイル・オブ・ロバート・ジョンソン」です!

古いブルースのギターの奏法を学んだりコピーするにあたって、一体どの教則本を買ったらいいのか結構迷いますよね。本無しで耳コピだけじゃ正直しんどいですもんんね。

YouTubeなどの動画でも学べるんだけど、いい動画になかなか出会えない時もあるし・・・。

しかし!この本「ギタースタイルオブロバート・ジョンソン」があればブルースの基本的なエッセンス、ロバート・ジョンソンのギタースタイルの基本に触れることができます!

その効果で、あなたのギターが超上達した感じになります爆!

アコースティックブルースを学べる本なんですが、そのエッセンスを身につければ、エレキギターでのブルースにも活かせる事でしょう。

下記に参考動画も用意しました(ぼくのツイッター動画)。色々動画あげてるので、この機会にフォローよろしくです(´q`)。

「そもそもロバート・ジョンソンって誰なんだ?何がすごいの?」という人は、先にこちらをどうぞ。

最速でブルースマンになるためのアイテムはこちらにまとめました爆。↓
click!関連:初心者必見!ブルースマンになる方法を具体的に語る!

ブルースギターのコツ、常套句、奏法を学ぶための教則本「打田十紀夫さんのギター・スタイル・オブ・ロバート・ジョンソン」のおすすめポイントを解説します!

ブルースギターってどうしても進行が簡単なので、聞き取れる範囲で練習を進めてしまいがちなんですが(要は耳コピ)

ダリー

なんか違う!なんか古いブルースの細かいニュアンスが出てこない!!

みたいな場面が必ず出てきます。

そこをごまかしてなんとなく弾いていたのですが、この本「ギタースタイルオブロバート・ジョンソン」にはロバート・ジョンソンの現存する全29曲の導入部分フレーズのタブ譜が載ってるんです!

これってブルースギター学びたい人にとってはヨダレ物なんですよ。

関連:バンドやりたいのにバンドのメンバーが集まらない?友達も少ないし?そういう人はブルース弾き語りがオススメです。

著者:打田十紀夫さんはアコギブルース界の重鎮。これ、間違いないですね。

アコースティックギター

はい。結論から言うと買ったほうがいいです。マジで。あっ、DVDもついてますよ。

著者の打田十紀夫さんは知ってる人はちゃんと知ってる日本のアコースティックブルースの重鎮。
2011年にはアメリカ、ミシシッピ州で行われた「ロバート・ジョンソン生誕100周年記念フェスティバル」にも出演されたすごい人です。
打田十紀夫さんについて知りたい人はコチラへ(打田十紀夫さんのホームページ
そんなすごい人が書いた本なんだから、普通の本なわけがない。
この本でぼくが学んだギターをtwitter動画にあげてみたから参考にしておくれ。


twitter参考動画。ダリーウメモはこの本でブルースマンになれました。

まずはKeyGの「Love In Vain」から。

思わぬところにD7が入る場面が秀逸な曲です。悲しみを何とか少しだけ必死に振り払ってる効果がありますね。微妙に光が見える感じもあります。

さすがロバート・ジョンソンとしか言いようがありません。

ギターはガットギターです。何となく雰囲気出てますねえ。

次はKeyAの曲。このディミニッシュな感じこそロバートジョンソンの真髄ですね。

実は一番ロバートの曲でもテイクが多いKeyA。これが出来るとできないじゃその先のブルース人生が変わってきます。

 

最後に王道のKeyE。みんなこれが聴きたいんだろ?欲しいんだろう?感タップリに弾いてみましょう。

言葉はいらない。ザッツ ブルース フィーリング…。

ブルースまとめ:本買って練習してダリーウメモブルースマンになろう!

はい。ブルースギターに近道はないとは言え、ブルース界の大御所が書いた本があると安心感ハンパない。

大抵のブルースキッズは1人で黙々と練習してますからね。ダリーもそうですよ。でも何か指針がないとたまに不安なんですよ。

変な形のアコースティックギター

ブルースに誰もが納得する正解は無いですが、基本は間違いなくあります。そこをまずは学んでいきましょう。

※ロバート・ジョンソン自身、小節の長さを無視したりして弾いてる場面があります。ワザとなのか無意識にやってるのかはわかりませんがカッコよければOKです爆