フリーランスエンジニアへのおすすめ近道:フォスターフリーランスの特徴まとめ【2019年度版】

5000件以上の案件があるフリーランスエンジニア専門のフォスターフリーランストップページ




どうも転職研究家のブルースマンのダリーです。

今日は、既にITエンジニアとして2~3年キャリアを積んでいる方向けにフリーランス案件紹介サービスのフォスターフリーランスを紹介します。

フリーランスエンジニアになると、給料がとってもお高いです。

月収50万円とか普通の世界です。

給料は高いのに会社への帰属意識は軽めなのでメンタル上でも健康でいられそうです。

正直めっちゃ、うらやましいです。

※フォスターフリーランスは東京、埼玉、神奈川、千葉におすまいの方向けのサービスとなります。ご了承下さい。

【高報酬】安心してフリーランスエンジニアになる方法。直請け案件豊富なフォスターフリーランスの登録が近道です。

5000件以上の案件があるフリーランスエンジニア専門のフォスターフリーランストップページ

フォスターフリーランスを運営する株式会社フォスターネットは1996年設立の老舗IT企業、株式会社豆蔵ホールディングスの出資子会社でして、安定感ありますね。

ITエンジニアとしての経験があれば(2,3年が目安)、フリーランスエンジニアとして活躍できる現場って実はたくさんあります。

フォスターフリーランスの特徴:フリーランスエンジニア専門ならではの5000件超えの案件数と利用者の圧倒的な満足度

フォスターフリーランスが選ばれる理由。ITエンジニアの満足度、90%以上。

フリーランスエンジニアに特化したフォスターフリーランスは20年以上の実績があります。専門のコーディネーターも在籍。
IT業界で20年以上の実績があるフォスターフリーランスが抱えるフリーランスエンジニア求人案件ははなんと常時5000件以上。
会員登録数も15000人を超え、サービスを通して活躍しているフリーランスエンジニアも爆伸び中との事です。

働いているエンジニアの90%以上が満足しています。

ほとんどが月額50万円以上の案件であり中には100万円超えも割と普通にあります(最高報酬はなんと230万円)。

さらにフォスターフリーランスの特徴としてはレスポンスがとても速い事。

希望の条件にマッチした案件をアドバイザーが迅速に案内してくれます。

正直、38歳でIT業界未経験ののぼくには利用できないサービスなのでとてもうらやましいですね。
高収入を目指すなら、とにかく今はITエンジニア職です。

関連:【高収入】フリーランスエンジニアが正直、うらやましい。若い人は一度は目指してみるべき。

フリーランスとして働くのがはじめてで不安だ・・・という方は、株式会社フォスターネットの契約社員になって社会保険付きで働ける制度もあり。
これってつまり至れりつくせり・・・ということでして、高収入案件を目指したいITエンジニアは一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

自分の実力と待遇がマッチしてない人がおられるかもしれません。

もちろんですが利用は無料です。

オンライン登録ですので1分足らずで完了です。

提案:「IT業界、エンジニア職未経験の人」は、まず「派遣エンジニア」になって経験を積みましょう。時給も高めです。

パーソルテクノロジースタッフのトップページ。オンラインで登録可能。交通費も別途支給!
IT業界未経験でも「派遣エンジニア」なら割と簡単になれます。

ただし35歳超えてると、割としんどいと思います。

というわけでぼくは普通に転職しました(37歳でした・・・)。

派遣で未経験でも1500円以上の案件が多いのがうれしいですね。

※一例です⤵(より)

リクルートスタッフィングのお仕事の時給の例。2000円以上の案件も非常に多い。

おすすめは業界大手のリクルートITスタッフィングパーソルテクノロジースタッフですね。

別記事に派遣エンジニアについては詳しく解説しています。

業界未経験の方はまずは派遣エンジニアという形でもいいので経験値を積みましょう。

まとめ:令和は2,3年の業界経験があれば、フリーランスエンジニアになれる良い時代ですね。おっさんは羨ましいです。

フォスターフリーランスの特徴。ITフリーランスに特化したサービス

現実的な話をしますと、エンジニア業界はやはり若い人が優遇される業界でして、業界経験が浅ければなおさらです。

長年、IT業界で経験を積んだベテランであれば、その限りではありません。

ベテランもフリーランスに挑戦できる環境は整っているので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

経験も無い、若くもないぼくみたいな中年は何の望みも無いのか・・・というとそういうわけでは無いのでご安心を。

ITエンジニア以外なら、30代後半からでも転職方法はたくさんあります。

おすすめは転職エージェントを使うことですね。

ぼくはこの方法で給料は15%以上上がり、労働時間は減り、通勤時間は7割カットになりました。

というわけで、35歳以上の方はIT業界に未経験から飛び込むのはちょっと危険かなと思います。
まとめると、

現在、20代で、IT業界未経験の人→派遣エンジニアになって高い時給もらいつつ、経験を積み、フリーランスエンジニアのためのの準備。
ある程度若くてフリーランスエンジニア目指したい(東京近郊)→フォスターフリーランスなどの、フリーランス案件紹介サービス
若くはないが、ぶっちゃけ転職したい→転職エージェント(具体的にはデューダ、リクルートエージェント、ビズリーチ)

という流れで宜しくお願いします。

今回は以上です。現職に疑問を持ったら即行動ですよ。

関連記事:【パーソルテクノロジースタッフって?】IT業界・プログラミング未経験でもエンジニアで仕事したい人向けの派遣サービスを紹介、くわしく解説。

【20代、30代前半向け】未経験だけどITエンジニアになりたい!おすすめの派遣エンジニアサービスITスタッフィングを紹介します。

デューダ(doda)転職エージェントが30代、40代におすすめの理由を詳しく解説します(内定済)。

【30代40代転職】リクルートエージェントは使うべきか?おすすめするメリットを実際登録したぼくがくわしく解説。


スポンサーリンク




スポンサーリンク






5000件以上の案件があるフリーランスエンジニア専門のフォスターフリーランストップページ

ABOUTこの記事をかいた人

35歳から人生と稼ぎ方を見直しに入ったスロースタートな気絶系ブルースマン、ダリーです。大阪市在住。情弱オッサンからの脱却方法をご提案致します。ブルースと転職関連記事が多め。 当ブログは「自分の人生ってホント、面白くないよな〜…」と言う潜在的な悩みを抱えている人たちに向けて書いてます!!!  ネットを駆使して、情弱だったただの社畜オッサンが激ヤバになっていく過程をお届けします。みんなにもそうなってほしいですね〜。 ブログタイトル通り、ブルース好き。2018年10月からYouTubeも始めました。