「自分は無理…」と思ってる人のための転職方法はこちらをクリック

【30代後半目がかすむ】IT業界未経験でエンジニアとかプログラマー目指さなくてよかったなと思います。

ITエンジニアを30代後半で未経験から目指すのはフィジカル面でも無理ゲーです。解説します。

どうも、37歳で転職したダリーです。

ぼくは37歳で前職を退職、転職しました。

退職理由は「カネまわりのいい業界=IT業界」でWEBエンジニアとして働きたいってのが大きな理由だったのですが爆・・・。

ここで一つ問題がありました。頭のどこかではわかっていたのですが・・・うすうす気づいてはいたのですが都合が悪いので無視していました・・・。その事実とは以下・・・。

30代後半で未経験からIT業界転職は遅すぎワロタwww無理www

ということです…。

「物理的に無理」というわけではないのですが、「キャリアを順当に積み上げるには遅すぎる年齢」ということです。

この悲しい現実に向き合う決心がついたのはリクルートエージェント大阪でエージェントとカウンセリングを受けた時でした。

その模様はこちら。

関連:【評判悪い?ムカつく?】リクルートエージェント大阪支社に実際に面談行ってきた感想【30代後半】。

というわけでぼくは営業職という職種はそのままの「業界チェンジ」に落ち着きました。

ま、でも最近は「この判断は正しかったな」と思うことが多々あります。

その理由を今日は書きます。

35歳から未経験でIT業界転職とかやめといた方がいい理由。キャリア形成が困難。そして夕方から目がかすむようになる…。ディスプレイ作業がきつい・・・パソコンつらい。

なんか思わぬところにワナが落ちていた感じです。フィジカルな面でも無理な点が出てきたのです・・・。

とにかく目がかすみます。目から歳取っていく・・・。

だからぼくは思ったんです。

「30代後半からでも!気合と根性があればITエンジニアになれるんだ!」なんて思っちゃいけないなと。

そして他人にもおすすめしてはいけないなと・・・。

30代後半からノースキル&未経験でIT業界、WEBエンジニア転職は絶対におすすめできない理由

  • 目がかすむ、使い物にならなくなってくる。パソコンの画面が見づらくなる。
  • ITエンジニア職の現場で中心となる世代は20代。おっさんはいらない。
  • ぶっちゃけ、おっさんが若い世代の輪には入っていけない。技術が無いのに足手まといにもなる。
  • 30代後半からはマネージャー職だったらあるにはあるが、現場経験が普通は必要
  • というわけで30代後半IT業界未経験の人はポジション無し…!

上記の感じです。20代には信じられないかもしれませんが加齢と共に目がまず弱ってきます。

 

上記の現実、「30代後半未経験からのITエンジニア転職は無理、無謀」を受け止めるのがつらい人もいるかもしれませんが、割と事実です。

 

でもIT、WEBエンジニア、プログラマー以外の「業界チェンジ」なら30代後半でも全然余裕なので今の職場で展望が無いと感じている人は転職チャレンジしてみてもいいと思います。

関連:【現実的】世代別:転職エージェントおすすめランキングベスト3を30代後半で会社辞めて転職したぼくが解説する。

 

一方、今27歳くらいまでで、世の中や今の会社勤めの人生に絶望しているのなら、プログラミング業界、ITエンジニアに転身も全然アリかなと思います。

今後ITスキルがあって邪魔になることは絶対ないです。圧倒的付加価値ってやつですね。

その後のキャリア形成もITエンジニア経験があるなら全然違うし、年収の伸び方もエンジニアって異次元なので。

とりあえず、未経験からでも派遣からなら、ITエンジニアになれます(下記リンク参照)。

20代でもあんまりウダウダ悩んでるヒマは無いので、将来年収で無双したい人は今からITスキルを磨いておくべきです。

例えばテックエキスパートというプログラミングスクールでは技術の習得と同時に転職先も紹介してくれるので大変コスパが良いです。

関連:【独学無理な人向け】TECH::EXPERTの評判は?テックエキスパートがプログラミングスクールで実はコスパ良いので解説。

 

「プログラミングとか未経験からでもとりあえず現場で働きたい」って人はITスタッフィングやパーソルテクノロジースタッフの派遣エンジニアでOKです。

関連:【20代向け】業界未経験だけどITエンジニアになりたい人へ。派遣エンジニア専門のITスタッフィングは最低使っておくべき理由。

まとめると、20代はどんどんIT業界に未経験からでも挑戦すべきでして(ただし27歳くらいまでがベター)・・・。その理油は将来、年収も上がりやすく圧倒的に生きやすくなるから。その後のキャリアも描きやすい。

まとめ:30代後半から未経験でエンジニア職はやめとこう。35歳以降で目指すべきは業界チェンジ転職と効率良く稼ぐ副業の仕組み作りです。

35歳以降の人はバシッとIT業界は諦めつつ、IT業界の隅っこで稼がせてもらうのがベターな選択となります。

具体的には時間に余裕のある業種に転職しつつ、アフィリエイト、ブログ、YouTubeなどで頑張りましょう。

ただし、割と2~3年くらいは修行僧状態というか副業収入5000円も厳しい世界ですが・・・。

ま、でも特にYouTubeはかなり伸びしろありでして、参画しといた方がいいと思います。

動画編集はマックブックがあればOKなのでよろしくです。

関連:【初心者YouTuber向け】動画編集&配信に必要なものはとりあえずMacBook(マックブック)だけで最初はOKです。iMovieで編集できます。

あとは転職しつつブログサイトもワードプレスで構築すればOKです。無料ブログはダメです。固定費は月1000円以内です。

関連:朗報:転職は無理ゲーじゃなかった!37歳でも転職ってできることが判明。30代後半でも内定した転職方法を解説。

世界一簡単にWordPressブログの始め方(サーバーはロリポップ!)を2年運営しているぼくが解説する。おすすめテーマはJINかSANGO!