30代後半でもOKの転職方法

伝えたい大事な事が伝わらないと嘆く前に伝え方の工夫してますか?何回も言うのも大事ですよ。

パソコンを眺める女性

ブルースの人ダリーですどうも。

世の中基本的には、一回言っただけではメッセージって全然伝わってないことって多いんですよ。

なのに「私はもう伝えたから!言ったから!」と一回しか言わない系のモンスターっているじゃないですか。ま、俺からしたら「自分が大事だと思う事、伝えたい事があるんなら何回でも言おうよ」ってことなんですわ。

以上!って言ったらブログが終わるので展開しますか。

大事な事は何度でも言おう。伝えないで自分の中でイライラするのは全く無意味です。

はい。相手だって聞き逃してる場合もあるし、聞き取れてないのかもしれないし、注意散漫なのかもしれないしね。

いや、何でも自分の言うことに従わせろって言う話じゃないですよ。ちゃんと伝えた方が、日々伝えている方が自分も相手をフィルタリングできるし相手も「この人のメッセージはこうなんだ!」って少しずつ伝わって行くのではないかと。

それってもう安全管理ですよね精神衛生上でも。実務の上でもね。自分にストレスをかけないためにも、一回で伝わるとは考えないこと。気が向いた時、気付いた時にまた伝えていけばいいです。

子育でもそうです。何回でも言うこと。

親になったら結構忍耐力がつきます。子供は何回も言わないとわからん場面が多いんです。それにイライラしてたら即死します。なかなか難しいけれど大きい菩薩の心を持つこと。ま、大乗仏教の観音信仰では言うこと聞かない相手も「観音菩薩様」なんですけどね。

結論:コイツ、いつも同じ話ばっかしてクソ面白くねえな!とは思われないように工夫して伝えて行こうぜ!

はい。伝達にも緩急って大事ですよね。

ラジオみたいに同じことを同じペースで言われ続けても効果って薄いと思います。西から攻めたり東から飛ばしたりして伝えるのが大事なんじゃないですか。言い方変えて伝えるって頭使いますからね。ボケ防止にもなるんじゃないかと。

と言うわけで俺も何回でも発信の大事さとブルースの魅力を伝えて行くぜ。

よろしくです。

関連記事

ブログをやらないと脳が停止するぞ!のお話

話が面白く無い人の特徴まとめ!!

黒人音楽のルーツを辿る旅。レゲエとブルースの二大巨頭。

ブルースギター弾き語りしたい!おすすめは打田十紀夫さんのデルタブルース教則本ギター・スタイル・オブ・ロバート・ジョンソンです!!

伝説のブルースマン、ロバート・ジョンソンは何がすごいのか?大阪のブルースマンが書きます。