【知らないとヤバい】最速で稼げるエンジニアになる方法をチェックする

【パワポ付】コスパ最強の一体型デスクトップパソコンHPをAmazonで買ってみたのでレビュー。

HP 液晶一体型 デスクトップパソコン インテル Core i5 メモリ8GB 256GB SSD 2TB HDD Windows10 21.5インチ IPSフルHD タッチディスプレイ HP All-in-One 22 ピュアホワイト Microsoft Office付き (型番:9EH11AA-AAAB)のAmazonサイトのスクリーンショット

結論から言うと、やっぱりAmazonで買うのが一番コスパいいことが判明しました。

どうも、ダリーブルースです。

 

普段の副業ワークではMacBook Proを使っているぼくですが、本業の業務で使うのはやはりWindowsであり、Microsoft Office(Excel・Word・PowerPoint)なんですよね。

今回、その本業で使っていたパソコンが9年以上使っており、動作がめちゃめちゃ遅くなり限界に来ていたので新しいものに買い替えました。

 

中小企業ですので、新しいパソコンも自分で選ばないといけないんですよね汗・・・。

というわけで、今日は、

  1. 基本的な性能はバッチリ揃っている、
  2. エクセル、ワードはもちろん、パワポも付いている、
  3. しかもコスパがどこよりも最強(もちろんマウス、キーボード付)

の、液晶一体型デスクトップパソコンを紹介します。

 

ぶっちゃけ、これ買っておけば、OKです。

結構探したんですけど、IntelのPentiumプロセッサー CoreI5が付いて11万円台で買えるパソコンってこれしか無かったんですよね・・・。最低でも他なら13万円以上はしてました。

やたら、SALEも頻繁にしてますので、10万円台で買える時もあるんですよね・・・。

 

というわけで最初に、HP 液晶一体型 デスクトップパソコン インテル Core i5 メモリ8GB 256GB SSD 2TB HDD Windows10 21.5インチ IPSフルHD タッチディスプレイ HP All-in-One 22 ピュアホワイト Microsoft Office付き (型番:9EH11AA-AAAB)長い)を買うべき人をまとめておきますね。

このパソコン絶対買うべき人
  •  ノートパソコンじゃなくてもいいから安くて高性能なパソコンを探している。
  •  エクセル、ワード、パワーポイントが付いているパソコンが欲しい。
  •  21インチ以上の大きめのパソコンを探している。
  • 液晶一体型でコスパのいいものを探している。
  • テレワークの予定が無いのでノート型じゃなくても構わない人
  • ぶっちゃけ、メモリとかプロセッサーとか詳しくないけど、とにかくそれなりの性能のパソコンを探している。
  • いきなり会社のパソコンを自分で選べと言われて焦っている人

ってな感じです。

 

テレワークが世間では言われてますけれど、誰でも全員がテレワークできるわけじゃないですからね。

あと「絶対に家では仕事しない人」にはコスパのいいデスクトップパソコンがいいですよね。

 

しかも本体と画面が一体型なので机周りもスッキリなんですよね。

というわけで進めます。

安くて高性能で基本性能の揃ったAmazonで買えるヒューレットパッカード・デスクトップを紹介します。

今見ると楽天でも買える感じです、すみません汗。楽天派の方もcheckしてみてください。

CPUは「Intel Core i3、Intel Core i5Intel Core i7」から選べます。

Intel Core i3では少し能力的に不安があるのでここはIntel Core i5モデルを選んでおきましょう。

 

ディスプレイサイズは21.5型か23.8型が選べます。ぼくが買ったのは21.5型です。

間違いなく、ノートパソコンよりは画面が大きいので30代後半ともなれば、大きい画面の方が文字も読みやすく、作業もしやすいです・・・。

 

RAM(メモリ)は全て8ギガ以上であり文句無し。

ちなみに安いパソコンは4ギガとかが多いですので注意。作業性に関わる部分です。

おすすめしたいIntel Core i5モデルの基本性能を、いかにまとめます(Amazonより引用)。

ブランド ヒューレット・パッカード(HP)
CPUモデル Intel Core i5
RAM 8 GB
色 ピュアホワイト
グラフィックRAM DDR SDRAM

色は、潔く白のみ。

同じIntel Core i5モデルでもMicrosoft Office版とWPS Office版がありますので注意。

 

WPSとはキングソフト株式会社が発売しているMicrosoft officeのサードパーティー品です。やはりm純正Officeよりも1万円以上リーズナブルです。

 

マイクロソフトとの互換性はあるようですが、少しでも不安な人、問題なく経費でパソコンが購入できる人ははマイクロソフトのOffice版一択で間違い無いでしょう。

最強コスパのAmazonオリジナルHPスペックを詳しく確認

最後にぼくが買ったモデル(Corei5・21.5型・MicrosoftOffice(エクセル・ワード・パワポ付)の詳しいスペックを書いておきます(Amazonより引用)。

基本スペック
  • OS: Windows 10 Home (64bit)
  • プロセッサー: インテル Core i5-10400T プロセッサー(2.00GHz-3.60GHz,インテルスマートキャッシュ12MB, 6コア/ 12スレッド)インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0
  • メモリ: 8GB (8GB×1) DDR4-2666MHz ストレージ: 256GB SSD (PCIe NVMe M.2)+ 2TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
  • ディスプレイ: 21.5インチワイド・IPSフルHD非光沢・10点タッチディスプレイ (1920×1080 / 最大1677万色)
  • 付属ソフト: Microsoft Office Home & Business 2019

上記、Amazonより引用

パソコンがよくわからない人向けに説明すると「基本性能バッチリすぎ」です。

家や出先でで仕事しないならこれで間違い無いレベル。

 

ただし、動画編集をしまくる人や、重い作業メインで使う人はCorei7の16GBモデル(ちゃんとラインナップに有り)にしときましょう。

上記作業する人でパソコン詳しくない人なんていないと思いますが・・・。

まとめ:なるべく安くて高性能な業務用パソコンを探しているなら今日ので間違いない。

家電量販店でパソコンを買うと、よくわからない年賀状ソフトとかがいっぱい入っていて、意味がわからないことが多いじゃ無いですか。

 

今日紹介したパソコンはシンプルそのもの、無駄なものは無添加です。

最後にまとめると、

  1. Excel、Word、PowerPoint付き
  2. Windows10
  3. ノート型じゃなくてOK
  4. コスパが重要

なら、こちらが最強ではないか・・・と強く感じましたので記事にしました。

※発送に1週間ばかりかかることも多いので早めに探してみてください。

Amazon公式で確認してみる

楽天公式で確認する

他の記事