「自分は無理…」と思ってる人のための転職方法はこちらをクリック

すべての教育は洗脳である、10年後の仕事図鑑を読んでみた感想。自分の頭で一度考えてみることが大事。

どうもダリーウメモ です。

今日はぼくが最近読んで面白かった本を二冊紹介します。面白いだけでなく発信者として非常にためになる内容でした。

ま、ちょっとかいつまんで言うと現代って何でも見切り発車!このマインドが大事なんじゃないかと。「キッチリとレベルを上げてからモンスター倒しに行こう…」じゃ、ちょっと遅すぎるんですよ。時間ももったいない。

はい。まあそういう発信マインドを少しずつ鍛えるためにも今日紹介する本は役に立ちましたね。マジもんです。行ってみましょうか。

すべての教育は「洗脳」である

ホリエモンさんです。うんまずタイトルがいいよね。

ホリエモンさんって色々書籍を出されてますが、言ってる事は1つにだいたい集約されてまして。要は「好きな事やれ!」ってことなんですが。ホリエモンさん自身もメディアでその話を言いすぎて、そして書きすぎてもう飽き飽きしているという話です。

ま、読んでたらわかるんですけれど好きな事やってもあんまり社会には迷惑にならないんですよね。みんな笑顔に最終的にはなって行くという。不思議なもので。

まあ、言ってしまえば超絶シンプルな「好きな事やれ!」なんですが、普通の脳みその日本人って何でもまずは言い訳から入るじゃないですか。「できない理由」の言い訳ね。

もうね、そんなん堀江さんは大嫌いなのね。徹底的にぶっ壊した物言いなわけですよ。でもね、普通の日本人って言い訳多すぎだとは思うから、まあ怒るよね。堀江さん割と本気で伝えようとしてるから。

本読むだけじゃ辛いので何か実行して生きましょう。少しずつでいいですからね。それで自分も世の中も変わって行くはず。そういうの今の日本に一番足りない部分だと思いますね。

10年後の仕事図鑑

これはもうねーーええ本でっせーーー的な。

はい。
落合陽一さんとの共著ですね。ぼく、落合陽一さんて活動の幅が広くて何者なのかぼく自身まだあんまりわかってないのですが。

まあ、知らない言葉も色々と出てきますが、それでいてストレスが無い。なるほど、そうだよなあしか出てきません。

未来を恐れるのではなくてサーフィンみたいに乗りこなす。そういうマインドが超重要なんですよね。堀江さんに至っては「副業」という言葉、考え方がそもそもダサいとか言い出すし最高です。

テクノロジーってなんか遠い世界のことのようだけれど、結局使うのは我々人間なわけで。テクノロジーからはもう絶対逃れられないだろうなと。だったらそれを乗りこなせと。

別に難しいことでは無いです。そのためには心をオープンにしておくことが重要だなと。

頭がだいぶスッキリする本なのでぜひどうぞ。

ダリーウメモ でした。

関連:

自由なんて見つからない。人生の自由度を上げる事はできる。ブルースを鳴らせ。

久々に社畜らしいエモい文章をnoteに投稿した。

37歳のオッサンのぼくがProgateでプログラミングの勉強を始めた理由