副業会社員ダリーがAmazonで買って感動したものまとめ

Macでデザイン・イラストの背景を簡単に消す(背景透過)方法。Photoshop、illustrator無しでOK。

Macで背景透過した時の画像

中年になってから、デザイナーデビューしました、ダリーですどうも。

 

「Macbookなんてただの情弱向けパソコンだろ」とか「Macなんてただの嬉しがりが買うもんだろ、Windowsで十分じゃん」とか言われがちなMacですが、こういう時は非常に便利ですね~。

MEMO
特にデザイナーでも無いぼくみたいなおっさんが買うとミーハー扱いされる傾向あり。MacBookProをはじめて買った!開封の儀!2020年モデルはさらに安くなってるから買うべし!

はい一体どういう時Macは便利なのか?それは、

「簡単に背景を消したい時」です。

 

人物だけを切り取りたい場合は専用のフリーソフト(remove.bg)なんかも便利ですが、デザインやモノだけを切り取りたい時は地味に苦労しますよね。

ぼく自身、Windowsで背景消す方法は全くわかりません。しかしMacなら簡単なんです。

というわけで一家に一台、Macbook。2020年以降、買いやすい価格設定になりましたな。

以下解説。

illustrator、Photoshop無しでデザイン、写真の背景を消す方法。Macbookで解決。

ぶっちゃけ、詳しい説明はこのブログにもあります(汗)。

https://qiita.com/na1412/items/90a9641d9644e1bfbb49

手順としては、

  1. Macで画像を開く(プレビュー)
  2. インスタントアルファ(魔法の杖みたいなやつ)を選択(出てこない場合はマークアップツールバーを表示させる。いわゆる編集ツールバーです)
  3. 消したいところをドラッグする
  4. 消したいところが赤くなったら「commandキー+X」を押す(ここでcommnad+Cとか「切り取り」ボタンを選択すると切り取りたい部分だけが残されます!(不必要なところだけが残る)かなりやりがちなので注意!
  5. 消したいところがどうしても少し残ることが多いのでその場合は4の作業を繰り返す
  6. 終わり!

です。

めっちゃ簡単じゃないですか?

デザインの背景透過の例!単純なデザインなら超簡単です。

背景透過前のデザイン

↑上記、背景が白でわかりにくいですが、背景透過前です。立派に背景(白色)がある状態です。

背景透過後の状態

Macで背景透過した時の画像

見た目が変わらないですが…。背景透過してます!

※背景透過した方がなぜかファイルとして重くなるのが謎。

 

上記デザインはTシャツ用のデザインです。妙なバケモノ?の目と口の部分と文字の「Dの内側」を透過しています。

背景透過することによって、Tシャツ生地の色目が目と口の部分に出るわけです。

結局、白Tシャツにしたのでわかりにくいわけですが・・・爆。

 

色物Tシャツの場合、デザインしたところが白背景で、Tシャツ記事がブルーとかだと、かなり素人くさいデザインになりますよね?そういう時に役立つのが背景透過、Macサイコーですね。

まとめ:MacBookで背景透過は簡単にできる。

というわけでそんな感じです。

一つ注意点を言うと、単純なデザインの背景透過はめっちゃ簡単なんですが、「写真」とかだとかなり難しいです。

例えばこの記事で書いた写真の車だけを切り取った場合など・・・↓結構がたつく・・・。

チンクエチェント(2代目FIAT500)にカバーライトを装着した側面画像。少しブカブカ、余裕ありのサイズ感です。

ま、それでもデザイン、イラスト切り取りならはかどりまくりです!

MacBookではPhoto Scapeという無料アプリが画像編集では超優秀なので、その点でもPhotoshopとか大抵の場面で必要ない感じです。

というわけで以上です。

 

ちなみにぼくのTシャツはBASEで販売中です!ヨロシクです。いっぱい種類あるよ!

ダリーブルースのBASEのTシャツショップの一部ラインナップ画像

ダリーブルースのTシャツショップへ

こちらもどうぞ