親知らず抜くのが恐い。でも、あごのかみ合わせが悪くなったので1本抜いた話。

親不知(親知らず)1本抜いた体験まとめ




どうも、ブルースマンダリーです。今日はぼくの親不知(親しらず)体験についてです。はじめにことわっておきますが、今回は医療に関する事であり、歯医者によっても見解はバラバラ。ぼくの個人的な体験談として聞いてください。

「親知らずってどうなの?結局抜かなくていいの?」って話の結論もハッキリ書いてません。だってぼくにもわからないもの。とりあえず、ぼくは4年前に下の歯1本だけ抜きました。



こわがりのぼくが親不知(親知らず)を1本抜いた理由(下の歯)。かみ合わせに問題が出てきたから。

笑う子供

親知らずって全く生えない人もいるし一部しか生えない人もいて、個人によってまちまちなんですが、ぼくはマックスの4本生えてる状態(露出してるのは上の2本のみ)。生え方も個人でバラバラでございまして、ぼくの場合は…。

上の2本…まっすぐ生える。

下の2本…歯肉にほとんど隠れて見えない。

という状態。

ポイントとしては、上の親知らずは下の歯に比べて露出してる場合が多いので「抜きやすい」んだそうです(歯医者さんのお話)。

一方、下の歯は歯肉の下にぼくのように隠れているパターンが多いです。これを抜くのは少しコツが必要。上の歯よりは大がかりになることが多いそうです(歯医者さんのお話)。

最初はガマンしてたけど、口が開かなくなってきた(アゴがしんどい)。

歯を抜く一年前くらい前から、口が開けづらいという症状が出てきました。あくびした時なんかによくわかります。

それが親知らずが原因であることはなんとなくわかったのですが、とにかく麻酔の注射とか、その他注射が大嫌いなのでしばらく放っておきました。

しかしどうにも違和感が限界に近づいたので思い切って歯医者に相談しました(一応、喋るのも食べるのもいけましたが、思うようにはいきませんでしたので)。

歯医者さんもアゴの違和感の原因は「親知らずが原因である!」とは特定してくれませんでした。あくまで自分の判断。

「うーむ、そんなに気になるなら、一度抜いてみるか!」というノリ。ノリは基本的に軽め。

というのも大抵の歯医者さんは「親知らずを生やしておいても、百害あって一利なし」という考え方なのかもしれません。

確かに悪さを引き起こすのは事実ですが、なるべく抜歯は避けたいです。というわけでとりあえず、1本だけ抜くことにしました。この辺は自己判断でOKです。ぼくの行ってた歯医者さんは全部抜いて欲しそうでしたが。

あまりにこわいので大阪歯科大学の紹介状を書いてもらいました。

とにかく抜くのがこわいと言ってたら、大阪歯科大学附属病院の先生へ紹介状を書いていただけることになりました。どうやら普通の歯医者には無い、「意識がボーッとする麻酔」を使ってくれるそうなのです。

「これは心強い!」って感じです。

施術してくれたのは30歳くらいに見える若い先生。さすが大学附属病院というべきなのか、診察台が20台はある部屋でした。働いてる人もいっぱい。

で抜歯手術ですが、確かに気づいたら終わってる感じでした。痛みも覚えてません。ただ、カナヅチっぽい感覚とかが残っててそれは少し気持ち悪いですね(ガンガンガン!と骨を叩かれる感じ)。

残念ですが、術後の方が痛いですね。ものが噛めない。ヨダレも麻酔が効いてるので垂れます。3日くらいでマシになった記憶がありますが。

術後に歯肉を縫ったところの抜糸でもう一度病院を訪れました。その時、次の抜歯の予定を聞いてこられましたが、やんわりお断りしました。

この辺は性格も出ると思いますが、何も4本全部抜く必要は無いんだと思います。とりあえず、アゴの違和感は取れましたし。ただ普通の人よりは口を開け続ける能力は低いままですが。

で、今回の一件でぼくが得た親知らずの知見をまとめてみます。

親知らずの特徴(素人目線)まとめ。

  • 上の歯は普通の歯と同じようにまっすぐ生えることが多い。すなわち抜きやすい。そして普通の歯医者でも抜いてくれます。
  • 下の歯はまっすぐ生えることは少ない。横向きに生えることも多い。歯があるのに歯ぐきの下にあり、見えないこともある。抜く際は歯ぐきを切開することもあるので割と厄介。
  • アメリカでは入院して、親知らず(widom teethという)を一気に4本抜くのが一般的だそう(ネット情報)。治療代めっちゃ高そう。
  • 下の歯、まっすぐ生えないので虫歯になりやすい(磨きにくい)。虫歯になったら抜くしかない。
  • 歯医者さんいわく、親知らずは「伸び続ける」らしいので、歯ぐきやほっぺの内側に当たったりしだしたら、抜き時かもしれない。

はい。そんな感じです。素人の意見ですが、親知らずに関しては何か具体的な害が出ない限りは別に放っておいてもいいかもしれませんね(ぼくの場合はかみ合わせの問題)。歯医者さんは「すぐに抜こう!」って言ってきますが。

あと、術後は顔が腫れるので、手術後にそのまま仕事行くとかは絶対やめましょう。あと、回復には体力がいるので、仕事で体が疲れ切ってる時なんかはやめた方がいいですね。

親知らずの場合、「緊急手術!」ってパターンは少ないですね。だから割と自己判断なんですよ。歯医者さんも「絶対抜け!」とまでは言ってきませんからね。

というわけで、親知らずのこわさは変わりませんが、なんとかがんばってください。




親不知(親知らず)1本抜いた体験まとめ
ダリーのインスタ!ダリスタグラム!!

荒ブルース!!なギター弾き語りをお届け中!!

ツイッターフォロワー大募集中!!目指せ10000人!

ダリッター!なるべく有益な事をつぶやきます!フォロワー大募集中!!

ABOUTこの記事をかいた人

35歳から人生と稼ぎ方を見直しに入ったスロースタートな気絶系ブルースマン、ダリーです。大阪市在住。情弱オッサンからの脱却方法をご提案致します。ブルースと転職関連記事が多め。 当ブログは「自分の人生ってホント、面白くないよな〜…」と言う潜在的な悩みを抱えている人たちに向けて書いてます!!!  ネットを駆使して、情弱だったただの社畜オッサンが激ヤバになっていく過程をお届けします。みんなにもそうなってほしいですね〜。 ブログタイトル通り、ブルース好き。2018年10月からYouTubeも始めました。