「自分は無理…」と思ってる人のための転職方法はこちらをクリック

ロリポップのバックアップオプションで「復元」ができない時の対処方法。パーミッション(属性)が原因でした。

ロリポップでバックアップの復元ができない時の対処方法

どうも、兼業ブロガーのダリーウメモです。

ぼくはロリポップ!レンタルサーバーを使ってワードプレスを運営してます。

月額300円のバックアップオプションにも契約してます。

このロリポップのバックアップオプション、非常に使いやすく便利でして、自分でバックアップ取れないぼくなんかは重宝してます。

で、先日、WordPressでトラブルが発生し、何回も「復元」を試みる場面に遭遇したのですが、「復元」で何回もエラーが出てしまったのです。

メディアがアップロードできなくなり、画像も表示されず、焦りながら対策してたこの時です↓

ワードプレスでメディアが表示されないトラブル!原因はWebPExpressというプラグインでした。

この時、挙動がおかしくなっても大丈夫なように、事前にFTPファイルをいじる前にバックアップを取ってました。

ファイルのバックアップはできるのですが、いざ「復元」ができない・・・。

データベースの方は復元できてもファイルの方が復元できないのです。

おいおい、これじゃ全くバックアップの意味ないじゃないか・・・。

と、ぼくは絶望しました。

今回はロリポップのバックアップオプションで「復元」できない時の解決方法を書きます。

知ってしまえば大したことじゃないのですが、解決するまでは死ぬ思いでした。。。

MEMO
データベースの復元はそんなに時間がかかりませんが、ファイルの復元は3分以上はかかります。で、99%復元が終わったところでエラーが出るので辛かったです。ちなみに投稿内容などマジで重要な部分はデータベースの方に入ってます。

ロリポップのバックアップオプションで「復元」に失敗!何回やってもエラーが出る時の原因。それはFTPファイルのパーミッション(属性)の問題でした。

バックアップの復元で失敗する原因、それはFTPファイルのパーミッション(属性)が原因でした。

「パーミッション」って何?要はファイルのアクセスするための権限のことです。「属性」とも言われます。

詳しくは下記のロリポップ!のサイトをどうぞ。

参考 パーミッションについてLOLIPOP!レンタルサーバー

パーミッションはアルファベット表記と数字表記があります。

ロリポップのFTPファイルでは数字表記が採用されています。

数字の場合3ケタで表示されます。

詳しい説明は省きますが、ぼくの場合、バックアップの復元が失敗した原因はパーミッションが「400」になっていたファイルが一個あったこと。

たったこれだけのことで何回も失敗していたのです・・・。

「400」とはすなわち「そのファイルの所有ユーザーに読み取りしか許可しない」という状態。

ファイルの書き込みや実行はできない状態なんです。

ぼくの場合「400」のファイルが1個だけあったのです。

「wp-config.php」というファイルの属性が「400」でした。それを「700」にしたら、バックアップ復元できるようになりました!

「700」とはすなわちそのファイルの所有ユーザーに「読み取り」、「書き込み」、「実行」を全て許可した状態。

そうしないとバックアップ復元は成功しないのです。

だいたい他のファイルは「644」とか「755」、「705」とかが多いです。

そうなってるファイルをわざわざ全部「700」にする必要はありません!

デリケートな部分なので必要なところだけ変更お願いします。

「400」などの3ケタめが4とかのファイルがヤバイやつです。700に変更しましょう。多分、755とかでもOKです。

とにかく3ケタめが「7」じゃないとダメっぽい。というわけでパーミッションの3けた目が4のファイルは7に変更でお願いします。

変更方法はFTPファイルの変えたい属性のファイルをクリック、「現在の属性」の3桁の数字を変更するだけでOK。

まとめ:ロリポップのバックアップオプションは初心者にも使いやすいのでおすすめ。今回は多少、手間取りましたが・・・。

いかがだったでしょうか。

バックアップすることは結構あっても「復元」ってなかなかしないので今回のようなトラブルがあると焦りますよね。

ロリポップ!レンタルサーバーは使っている人も多いのでおすすめです。

トラブルがあっても今回のようにだいたい共有できます。

というわけで今回は以上です。ロリポップ関連記事はこちら↓