iPhoneXR(アイフォーンテンアール)を1ヶ月、実際使ってみた感想。重いけど電池は長持ちだよ。

iPhoneXRは買うべきかを実際買ってみたぼくが説明します!




どうも、趣味でブルースマンをやっている者です。ダリーウメモです。

今回は2018年11月に発売されたiPhoneXRを実際1ヶ月以上使ってみた感想を書きます。

世間では「iPhone減産!」とか売れてないニュースが結構書かれてますが、はい、実際思ったより売れてないとは思いますよ実感として爆。

まあ、あれだけ米中貿易摩擦が発生してるのである程度仕方ないですね。Appleも不運な面もあると思います。

それでもぼくはAppleの製品が割と好きなので、自分のスマホはずっとiPhoneです。XRの前はiPhone7でした。

番外:2018年、ブルースマン、無事に本来の意味でMacBookおじさんになるの巻。あと開封の儀

iPhone7から乗り換えを検討されている方や、実際使ってみてのメリット、デメリットなど知りたい方は参考にしてみてください。

ちなみにぼくはマイネオです。マイネオいい感じなので参考にしてみてください。

関連:格安SIMどれにする?mineo(マイネオ )歴1年のぼくが解説!使ってみた感想とメリット。

iPhoneXRは買いなのか?実際使ってみてどうなのか?体験者語る。重いです爆。

iPhoneXRを買った理由。過去に撮った写真は初めて引き継ぎをやめてみました。スッキリ。

iPhone7から乗り換えた理由ですが、画面が割れていたのが嫌だったのと(一回は修理している)、一応、ブロガー、ユーチューバーなのでiPhoneXRをネタにしてみようという魂胆があったからです爆。

割れ修理エピソードはこちらです。
関連:iphoneの画面が割れたので梅田のスマホスピタル行ってきた!

あと、ぼくの弾き語りブルース動画と過去に取った写真が(iPhone4S時代も含めて)9000枚ほどiPhone7に入っており、ストレージを圧迫してたからですね。写真消せばいいのですが、そんな決心もできず。。。

そして今回はパソコンでバックアップ取ってません。iCloudで完結させました。ゆえにパソコンで有線で繋いでません。

みなさんはもうパソコンにバックアップ取ってませんか?ぼくは情弱出身なので今まではウィンドウズパソコンにバックアップ取ってたんですが、今回は取りませんでした。
関連:情弱社畜の特徴。

iPhoneの写真を外付けのHDDに移すのって意外と面倒です。やり方どっかに書いてるサイトはありますが、やる気が起きません。なのでとりあえず写真はそのまま前のiPhone7に残してきました。

Appleの本音としては写真を取り込みたかったら、iCloudの容量あげるか、ストレージのでかいMacBook買ってくれってことだと思います。

ぼくのMacBook Proは256ギガなのでそんな狭い所に写真は入れられないです。iCloudになるべく課金もしたくないです笑。

多少、寂しいですが過去の写真が無い状態なので、容量ストレージはスッキリ。128ギガを買ったのでバンバン写真動画もほうり込めます。

iPhoneXRのお値段は?128ギガで90800円(税別)!普通に考えたら高い。けれどiPhoneXSはもっと高い。

iPhoneXsはさすがに手が出ませんね。昔の原付くらいの価格ですもんね(13万円くらい)。Apple好きとは行っても狂信者では無いのでさすがに・・・。

あと、13万以上もするiPhoneXsをもし落として有機EL液晶を割ったりなんかしたら・・・。多分ぼくは発狂すると思います。それもiPhoneXsじゃなくてiPhoneXRを買った理由です。

子供がまだ二人とも小さいので、落として破壊される可能性もあります。そのあたりも考慮してiPhoneXRなのです。

でもまあ、XRの「90800円」という価格(64ギガモデルで84800円)も、いい感じにいかれてる値段設定です。

これを「うわっ!高い!!」と拒否反応を示すか、「気持ちいい・・・」と思えるかが、マンとボーイの境目と言えそうです。

ぼくは後者「気持ちいい・・・」に脳をセッティングできたので購入できましたが、やはり普通に考えると高いと思います。ですが、我々日本人も相対的にみて世界でもそんなに豊かな国ではなくなったというのもあってこの価格なんだと思います。というわけで購入。

iPhoneXRの開封の儀の動画も撮ったのですが、低評価地獄になっております。助けてください。

iPhoneXRを買ってみて最初の感想。重い。重すぎる。ぼくは宇宙旅行から帰ってきたのか?というくらいに重い。ヘビー。このヘヴィネスはまさに男のギア。女子供に扱える代物じゃねえのさ爆。

発狂して叫んでしまう会社員

「最初の感想」と書きましたが、1ヶ月以上たった今でも重いです爆。

女性の方や手の小さい方は片手で操作は難しいでしょう。店頭でぜひ、お試しください。身長179㎝のぼくでやっと片手でなんとか操作できますが、手が疲れます。ズッシリ来ます。

このズッシリ感はまさにジッポとかそっち系。そういうのが好きな人じゃないと辛いのではないだろうか・・・。

「男のためのギア」という設定を脳に命令してぼくは納得してますがどうなんでしょうか。もちろん、重いという犠牲を払っただけあって、メリットもたくさんあるのでその辺も説明します。

iPhoneXRのメリット。画面がとても大きい。電池が長持ち。写真の「ポートレート機能」が素晴らしい。

かわいいクマの絵

ホームボタンが無いのが最初、不安でしたが、ホームボタンはいらない!となるまでに二日もかかりませんでしたね。

ホームボタンが無くてもやっていけますよ!安心してください。ホームボタンが無いので全面が全てディスプレイです。

そして重いだけあって、電池の質が格段に上がっている印象。電池長持ちです。ま、だんだん電池も劣化する訳ですが。

なんか、今回から電池の劣化状況まで調べれらるようになりましたね。そして電池をApple純正品を使ってないとそれも書かれるみたいです(純正品じゃないので修理できないからね、的な事でしょう)。

あと、最後に写真のポートレート機能、デュアルレンズではないiPhoneXRでもちゃんと背景がボケて、エモい写真が撮れるようになってます。正直、これは感動しました。

ぼくは子供が小さいのでポートレート機能があると、すごく可愛く写真が撮れるのです。

ちなみに背景がボケるのは対象が「人物」の時だけです。お気に入りの車やバイクを撮ってもボケませんのでご注意を。

まとめ:重いのが玉にきずですがそれを愛せるのなら、iPhoneXRは買いです!愛せないのならiPhoneXsでドヤるか、アンドロイドへ!

はい。いかがだったでしょうか。

アップルもiPhone価格を二段構えにするにあたり、どうしても廉価版であるiPhoneXRには最強の素材は使えないワケで。新聞に買いてあったのですが、iPhoneXRの重さは電池と液晶のせいだそうで。

iPhoneXsの有機EL液晶って軽いみたいなんですよね。そして軽いのに高機能な電池を使ってます。だから全体として軽くなる。

個人的な感想ですが、iPhoneXsになると振り切り感が半端なく、オラオラ感も感じます。なんか年収600万円は無いと恥ずかしいイメージです爆。

というわけで重いという事以外はiPhoneXR、非常に気にいっております。肝心要の情報処理スピードも速い感じです。

追伸:米軍MIL規格取得!米軍仕込みの丈夫なiPhoneXRケースを使ってます。安心感あり。

このiPhoneXRケース、なんと前面液晶フィルム(ガラス)と一体になってます。

360度全部ガードできてしまう安心設計です!だから、液晶フィルムを買う必要は無いです。オールインワンなんです。しかも丈夫。

デメリットとしては、急に寒いところや急に暑い部屋なんかに入ると温度差の加減で画面の表面がシャボン玉みたいなプリズム感が出ます。

実際、操作してる時にはわかりませんが真っ暗な画面になるとわかります。神経質な人には向かないかもです。

子供スマホを触られて割られるのが心配・・・なんて人にはオススメです。

液晶画面だけのガードでいいって人はこちらもオススメです。結局ぼくは上記の米軍仕込みiPhoneXRケースを使ってるので買わなくてよかったのですが。

最初に貼ってみたら今まで体験したどの前面フィルムよりも貼りやすかったです。しかも2枚入りなので万が一失敗しても安心です。

ダリーでした。


スポンサーリンク




スポンサーリンク




iPhoneXRは買うべきかを実際買ってみたぼくが説明します!

30代からの転職関連記事!(画像)をクリック

発狂して叫んでしまう会社員

荒ブルース!!なギター弾き語りをお届け中!!

ダリッター!ブルースと情報発信で人生変えよう!フォロワー大募集中!!

ABOUTこの記事をかいた人

35歳から人生と稼ぎ方を見直しに入ったスロースタートな気絶系ブルースマン、ダリーです。大阪市在住。情弱オッサンからの脱却方法をご提案致します。ブルースと転職関連記事が多め。 当ブログは「自分の人生ってホント、面白くないよな〜…」と言う潜在的な悩みを抱えている人たちに向けて書いてます!!!  ネットを駆使して、情弱だったただの社畜オッサンが激ヤバになっていく過程をお届けします。みんなにもそうなってほしいですね〜。 ブログタイトル通り、ブルース好き。2018年10月からYouTubeも始めました。