「自分は無理…」と思ってる人のための転職方法はこちらをクリック

絶対笑える!オススメギャグ漫画2選

笑う子供

ブルースマンで転職活動中のダリーです。

さて、本日は心にブルース(憂鬱)を抱えている方に朗報です。憂鬱のプロであるぼくが、絶対に笑えるギャグマンガを厳選してご紹介します。

何も人生の課題に向き合わず、ただ笑い転げるのも必要な時があります。そんなひとときに読みたい漫画です。


大童貞:作者ルノアール兄弟

はい。「1巻」となってますが、「2巻」はこの世に現存しないようです。まあそりゃそうか爆。

この漫画、童貞の中学生3人組がはちゃめちゃやって、結局はエロ本見て興奮してるだけだった気がします。クソ面白いです。

あと、ドゲレツ斎様という江戸時代の大発明家が出てきますが、どういった経緯で現代に現れるのかは完全に忘れました(家に本あるのですが確認する気力無し)。完全にキテレツ●百科のパクリですな。

この本で笑っていたら、嫁に注意されたので間違いなく面白いことを保証いたします。

おしゃれ手帖:作者 長尾謙一郎

10巻まであります。もはやギャグ漫画の古典。ギャグ漫画のマグナカルタといっていい名著です。くだらなすぎてクソ笑えます。

注意点としては6巻くらいから作者が病みだしたのか、どうでもよくなったのか、出版社ともめていたのか、よくわかりませんがストーリーの方向性がシュールすぎる展開にノンストップ特急で突っ込んでいくことですかね。

「シュールでも笑えるのならそれでもいいよ!」とおっしゃる方もいるかもしれませんが、「シュールすぎてそして笑えない」ページも出てくる有様なので、果たしてそこが受け入れられるかどうか?

その辺のギリギリのラインを作者も激烈な開拓者精神で模索されていたのだと思います。作者長尾謙一郎さんは芸大出身。アートなところがあるんですね。

とはいっても基本はギャグ。本棚に置いておけば、はじめて家に連れてきた恋人も「おっ、こいつわかってんな」と思われること、ウケアイ。その後の展開は余裕でしょう。

表紙も中々アートな展開です。

いかがだったでしょうか。今回紹介したのは自信を持ってぼくがオススメできる一品。

面白コミックで笑いある人生を取り戻しましょう。荒ブルース!