副業会社員ダリーがAmazonで買って感動したものまとめ

家事代行サービス【CaSy】をはじめて使ってみた感想レビュー。

kitchen item

このブログ、アホな記事が多いのも事実ですが、一応ぼくは共働きの二人の子持ち家庭のお父さんでもあるのです。

で、先日妻が日ごろのハードワーク&家事で心身共にダウンしかけたんですね。

あっ、もちろんぼくも家事は手伝ってますよ。中々、妻以上の仕事率にはならないですが…。

子供がまだ3才と1才なのでまだまだ手がかかります。一番かわいい時期なのでたくさん相手をしたいのですが、料理や洗濯、掃除という家事がすぐに山積みになるのでゆっくりはできません。

仕事と家事で忙しくて気が狂いそうになってきたので家事代行サービスCaSyを、スマホで頼んでみた。

頼んだのは【CaSy】という家事代行の業者さんです。

実際にスマホでちょちょいと申し込んだのは妻です。

 

Casyは現在、東京を中心とした関東エリアと大阪と、兵庫の一部でサービスを提供しています。

サービス内容は「お料理代行」、「お掃除代行」、「ハウスクリーニング」の3種。「お料理代行」と「お掃除代行」については利用開始時間の3時間前まで予約可能です(スポット予約に限る)。

 

「ハウスクリーニング」に関しては普段手の届かないエアコン内部清掃やレンジフード内部清掃などが対象ですので、「3時間前までOK」とはいきません。

【CaSy】のサイトで確認してみる

お料理代行をスポット予約で頼んでみました。

お料理代行サービスは3時間以上・30分単位で予約できます(1時間だけお願いするとかはムリです)。

MEMO
ちなみに「お掃除代行」の場合は2時間以上・30分単位で予約可能です。

お料理、お掃除両方ともに「定期利用(週一・隔週・月一)」と「スポット利用(一回きり)」があり、ぼくたちはとりあえず1回お試しで「スポット利用」を選びました。

気になる料金は(スポット利用の場合)

お掃除・お料理共に1時間あたり、2500円(税別)です。

 

今回は最小時間の3時間でお願いしましたので7500円(税別)ですね。ここに700円の交通費が加算されますので(交通費は税込)、合計8800円となるわけです(7500円×1.08+700円)。

料金の支払いは事前支払のクレジットカード決済のみとなってます。

Casyのお料理代行、実際どうだったか?の感想

kitchen実はスタッフに来て頂いてる時、ぼくは仕事で実際にその仕事ぶりを見ることはできませんでした。

ですが3時間で10品以上の作り置きおかずを作ってくれていたので、素直にビックリしました。素材は冷蔵庫に元々あったものからです。

各家庭の冷蔵庫にあるものから瞬時に作れる料理を判断し、完成させていくCaSyスタッフさんの力量はハンパないです。

味付けはまさに家庭の味。やさしい味でした。

日々の献立ってだんだんマンネリ化しがちだと思うのですが、いつものキッチンと冷蔵庫でいつもと違う人が料理するといろんな発見があります。

「あっ、こんな味付けやメニューもできるんだ!」っていう風な。

ジャガイモの切り方まで普段はやらない切り方があったりして参考になりました。そういう新しい風を感じるだけで頭の体操になった感じです。

家事代行は結局、高いのか安いのか?

3時間前までにサクッと予約できるので「今日はもうムリだ!しんどい!」という絶望モードの時なんかは最高のサービスです。実際、妻は心が疲弊しきってる時にCaSyさんを頼みましたし。

 

週1で定期利用となると1時間あたりは2190円(税別)です。

毎週3時間来てもらって料理を作ってもらうと、税込で1か月で32000円くらいです。

 

家事に追われて、家族とゆっくり過ごす時間がとれない状態ではそれぞれ元気も出てきませんよね。

スポット利用、3時間で8800円は激安ではないですが、価値あるものでした。家事のプロに来てもらうんだから、それくらいはまあかかりますわな。。。

 

スポット利用のハードルはとても低かったです。気になる方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

以上、子持ちのブルースマンでした~。

【CaSy】のサイトはこちらから!


要チェック。子育て世代にお得がいっぱいのAmazonファミリー。

  • おむつ、ミルク、おしり拭きが常時、お得
  • お子様情報登録で常時セール開催中。

Amazon Familyの内容をチェックする。