【知らないとヤバい】最速で稼げるエンジニアになる方法をチェックする

【スケボー】オーリーって難しい?オーリーできない初心者がオーリーの難易度と練習方法を解説する。

スケボー初心者の憧れのオーリーがどれくらい難しいのか体験者が回答する。

どうも、スケボー初心者のダリーウメモです。まだ買ってから1ヶ月経ってません。

さて、今回はまだオーリー(スケボーでのジャンプ技)できないぼくがオーリーのコツを解説するという一見、意味不な記事です。

しかし、オーリーできないからこそ書けることもあると思うので記します。

 

実はほぼできない状態で書きたかったのですが、1〜2日地味に練習してしまい、2割弱くらいまでできるようになってしまいました。

ま、気にせず行きます。

【スケボー登竜門】オーリーの難易度は?できないとカッコ悪いの?ジャンプ、練習のコツを初心者スケーターが解答する。

オーリーとはスケボーでジャンプすることです。

 

オーリーを発明したのは伝説的スケーターのアラン・ゲレファンドさんです。彼のニックネームがオーリーだったらしいです。

オーリーの仕組みなど詳しく知りたい人はスケボー初心者に超絶親切なブログNOLLIE SKATEBOARDINGを読みましょう。

オーリー/ジャンプ

なぜスケボーでジャンプできるのか?オーリーの仕組み

板状のものでどうやってジャンプできるのか・・・実はテコの原理でオーリーは成り立っています。

後輪を支点にして思いっきり後ろ足(テール側)を蹴ることで強い力が働き、前足(ノーズ側)が浮き上がるというわけです。

 

いやースケボーって物理だったんですねー・・・。詳しくは上記NOLLIE SKATEBOARDINGで。

スケボーやる上でオーリーができるメリット。

どうやらオーリーができるとできないとでは天と地の差があるようでしてこの壁を超えずばスケーターにあらずというレベルにまで達しています。

「できない人はクズ」という空気感はスケーターにはかなり希薄なので安心してマイペースで練習してください。

割とスケボーやってる人は頑張ってる人を見下したりしないものです。

 

オーリってただのジャンプなのですが、オーリーにはどうしようもないレベルで野郎の夢が詰まっています。

オーリーの注意点とメリット

しかしみんなオーリーに憧れすぎて、できない時の絶望感はハンパないようでして、オーリーができずにスケボーと疎遠になってしまうパターンが意外と多い・・・的な話があります(ネット上の話ですが。友達少ないので謎)。

というわけでオーリーはできるに越したことは無いわけです。絶望せずにマイペースで練習しましょう。

 

オーリーの練習方法は上記ノリーズスケートに詳しい。非常に参考になります。

ゼロからオーリーまでの練習法

オーリーのメリット
  • ドヤれる。
  • やはりできるとかっこいい。
  • 割と、というか実はスケートトリックの基本だったりするのでこれができないと割とできる技が少なくなる(だからできた方がいい)
  • 段差が超えられる(地面より高い段差も上がれる)。逆に段差も降りられる。
  • 障害物をジャンプで越せる。

オーリーの難易度について。初心者がやってみた感想。一番の難題は恐怖感の克服です。最初は壁に捕まって練習するのがオススメ 。

YouTubeで大量に練習動画が出回ってるのでそれも参考になります。動画見るのがやはり一番参考になります。

ぼくはこの動画を見てオーリー素晴らしいなあと思いました。要フォローですよ。

オーリーってさっき言いましたがテール側を思いっきり蹴らないとダメです。

スタンス(乗る位置)は

  • 前足は板の中央。
  • 後ろ足は板のテール側ギリギリのところ。要はめっちゃ後ろ。

です。

初心者にとっては割とバランスの悪い位置でして、この不安定な感じの状態から思いっきりテールを蹴るのはかなり恐い。

ノリーズスケートボーディングによるとテールを完全に地面にぶつけないとダメみたいです。かなり蹴ってますね。

 

後輪だけでウィリーしてこけてしまうのではないか・・・・・という恐怖感が芽生えます。

しかし意外とコケないわけでしてなぜかというとスケボーのテールはかなり長いのでテールが地面について固定されるからですな。

 

ペニーボードなんかはテールがすごく短いのでオーリーの練習なんかしたらそのままウィリーしてヤバい可能性があります。はっきり言うと盛大にコケるでしょう。ま、やる人いないと思うけど。

 

というわけで上記動画で説明があるように最初は金網や壁に捕まってテール側の板を蹴る感覚を体で覚えましょう。

 

形としてはまさに片足(テール側の足)で倒れてる相手にトドメを刺す感じで(笑)蹴り込みます。烈海王の気分でやりましょう。ノーズ側の足は板の中央です。忘れずに。

思いっきりテールを蹴り込んでも最初はテールが地面に着かないと思います。恐怖感があるので蹴りが甘いのです。

最初はそれでいいので練習しましょう。

 

蹴り込むと後輪を視点にしてかなりの力で板が上に上がります。

その持ち上がった板が足の裏にぶつかる感覚が何とも言えず快感です。

「バチーン!!」って感じですまさに。

 

私も信じられなかったのですがオーリーの練習を繰り返していると靴の裏に穴があいてしまうそうです。それくらいすごい勢いで板が上がろうとして飛んでくるわけですな。

 

というわけで

オーリー練習のコツ
最初は壁に捕まってテール側の板を蹴り落とす練習から。

ちなみにスケボーする際の靴はやはりソールの平たいものがおすすめです。ランニングシューズなどは向きません。

 

vansの靴はスケートカルチャーと密接に関わっているので安心して履けますよ。

スリッポン(紐なしタイプ)が割とおすすめです。普段履きもかっこいいですな。

 

ぼくが買ったのはたまたま、アメリカ本社企画のものでしたがABCマートでもライセンス品が売ってるのでそれでもOKです。違いはほとんどないレベルです。

このデザインが最高すぎますね。

まとめ:オーリー最高。スケボー最高。

スケボーの謎にピースな空気感はやった人じゃないと味わえません。

ぼくは38歳からスケボーを始めましたが割と楽しんでおります。

いきなりスケボーは恐い人はペニーボードからでもOKです。ぼくもそうでした。

関連【30代OK】ペニーボード(小型スケボー)周辺がダイエットにも良さそう(アマゾンで購入)。

正直、スケボーやるのに遅すぎる年齢というのは無いわけでして、大体のスケボーやってる人はこういう意見です。

というわけでマイペースに練習してください。

余談:ダリーウメモのオーリーのレベルについて

飛んでもまだ3センチとかのレベルですが、板がドカーンと上がってくるのを受け止める足裏の快感が個人的にかなりたまりません。これがスケボーですか!!という感じです。

練習しているうちに板を蹴るのは上手くなってきた感じですがまだまだヒヨコレベルです。

 

正直、「オーリーはマジで本当に難しい説」がネット上にはたくさんありますが練習を重ねると実現できるレベルのような気もしております。

オーリーができるようになるとキックフリップなどのトリックもできるようになるかも?と夢が広がります(先は遠い)。

というわけで今回は以上です。

こちらもどうぞ