カエレバ仕様変更で、ぼくがやった対策まとめ。Amazon associates Link Builderというプラグインの使い方を解説します!

アマゾンのAPIに関する規約変更!カエレバの仕様変更でぼくが取った対策を解説します。




どうも、ブルースマンブロガーのダリーです。

さてワードプレスブログでアマゾン物販やってる人ならもうご存知だとは思いますが、かん吉さんが運営するカエレバの大きな仕様変更が、2019年の1月にありましたよね。

ヨメレバも同様に変わったのですが、仕様変更の原因にはいくつか理由があって割とややこしいです。

で、今まで神レベルで簡単だったアマゾンの画面からブックマーク経由して、カエレバ、ヨメレバ設定画面にポンと移動することができなくなってしまい、ショックな人も多いと思います。

というわけで、ぼくが取った対策をまとめてみたいと思います。

結論から言うと、Amazon Associates Link Builderというプラグインをインストールして使うだけなんですが、これも設定が少しややこしいというか、だるいところがあるので解説したいと思います。

ぼくの場合、「アクセスキーID」と「シークレットキー」の設定方法が中々わかりませんでした(アマゾンアソシエイツ画面で設定できるのですが)。

今回の記事は完全にワードプレスでブログを書いてる人向けの記事となります。


急に来たカエレバ、ヨメレバの仕様変更!その理由と対策をまとめます。理由の大きな原因はアマゾン側のPAーAPIの規約変更。使用が制限されることになったからです。

困っているウサギのイラスト

詳しいことはかん吉さんのブログのこの記事にも書いてある通りなんですが・・・。

PAーAPIの説明は深掘りすると、ぼくもわからない部分があるのですが、要はアマゾンが言いたいのは「今まで無制限にカエレバとかで便利にページ遷移させてたけど、一日あたり8640回に制限するからよろしくな!」ってことです。

超簡単にいうと、今までカエレバのAPIとパスワードで無制限にブックマークからリンク飛ばすことができてたけど、これからは自分でAPIのIDとシークレットキーを設定して、リンク貼ってください!ということですな。

ちなみに楽天では、そういう制限は無いので、楽天の画面からは今まで通りリンク飛ばせますよ。

でも、楽天では商品が探しにくく、リンク貼りたい商品が中々見つからないことが多々あり、割とストレスたまります爆。

というわけで、かん吉さんのブログ、「わかったブログ」で案内されていた「アマゾンアソシエイツリンクビルダー」というプラグインを使ってみることにしました。この記事で案内されてますよね。

それ以外の方法としてはやよいさんというフリーランスプログラマーが開発したRinkerという便利なプラグインもあるのですが、すごい良質なコミュニティが利用者同士で広がっていてとてもいい雰囲気です。気になる方はどうぞ。

ぼくの場合…、割とコミュ障ですのでとりあえず、アマゾンのLink Builderで当面頑張ってみます。

Amazon Associates Link Builderの設定方法。アクセスキーIDとシークレットアクセスキーの設定をしないと使えないので注意!

以下、プラグインの解説をしていきます。まず、インストールです。こういうプラグインです。

amazon associates link builderというプラグインの使い方をご紹介します。

で、インストールして、有効にしますと、編集画面に検索枠が現れます。こういう風に。

amazon associates link builderはブログ編集画面のこちらに表示されます。こちらに商品名を入れればOKです。

おお!やった!!と、いきなり商品名を入れたくなりますが、これだけではまだ使えません。

ワードプレスのダッシュボード画面の左側のメニュー画面にアソシエイツリンクビルダーにカーソルを合わせると「Settins」というのがあります。

そこで、下の方の「Access Key ID」と「Secret Access Key」を入力しないと作動しません。

調べ方ですが、amazon associatesにログインし、ツールから、Product Advertising APIというところから設定できます。割とわかりにくいです。

注意点としては過去30日間で、売上が発生していないと、PA_APIを使う権利が奪われます爆。ソースはアマゾンのこの説明記事。

ま、API使う権利が剥奪されても、また売上が発生すれば使えるようになるみたいなので大丈夫です。

いざ、剥奪されたら、復活まではアマゾンアソシエイツの直リンクで頑張るしか無いですね・・・。こういうの。

APIのセッティングが完了したら、今度はリンクを表示させるためのHTML、CSSの設定となります。デフォルトのテンプレートもあるのですが、多分しょぼいので、かん吉さんが案内されていた素材をご紹介します。どの方が書いたコードなのかはすみません、忘れました。

Amazon Associates Link BuilderのHTML、CSSぼくはこれにしました。

かん吉さんはいくつか紹介されてるのですが、自分が使っているテーマとの相性もあるらしく、最初設定したものではうまく表示されませんでしたので、ご紹介します。ぼくが使ってるのテーマはストークなのでストーク使ってる人は参考になると思います。

関連:遅いと言われるワードプレステーマストーク(STORK)だけど2年使ってみた感想としてはやはりいい感じ。ページスピードも高速化できた!

「Templates」テンプレート設定画面はこんな感じ。こちらに入力し、記憶させましょう。

プラグイン、アマゾン アソシエイツ リンクビルダーの使い方を説明します。これはテンプレート設定画面です。

ちなみに以下のHTML,CSSを使うとこんな感じで表示されます。

リンクビルダーで使えるHTML

こんな感じです。

{{#Items}}
<div class=”cstmreba imgspace” id=”{{ID}}”>
{{#Item}}{{#aalb}}
<div class=”kaerebalink-box”>
<div class=”kaerebalink-image”>
<a href=”{{DetailPageURL}}”><img src=”{{MediumImageURL}}” style=”border: none;” /></a>
</div>
<div class=”kaerebalink-info”>
<div class=”kaerebalink-name”>
<a href=”{{DetailPageURL}}” >{{Title}}</a>
<div class=”kaerebalink-powered-date”>posted with <a href=”//kaereba.com” rel=”nofollow” target=”_blank”>カエレバ</a></div>
</div>
<div class=”kaerebalink-detail”>{{By}}
</div>
<div class=”kaerebalink-link1″>
<div class=”shoplinkamazon”><a href=”{{DetailPageURL}}” >Amazon</a></div>
</div>
</div>
<div class=”booklink-footer”>
</div>
</div>
{{/aalb}}{{/Item}}
</div>
{{/Items}}

リンクビルダーで使えるCSS

こんな感じです。

<style type=text/css>
/*カエレバ・ヨメレバ(スマホ版)*/
.kaerebalink-box, .booklink-box {
border: 2px solid #CCCCCC;
padding: 20px;
width: 80%;
margin:0 auto;
}
.kaerebalink-image, .booklink-image {
margin:0 auto;
text-align:center;
}
.kaerebalink-info, .booklink-info {
margin:10px auto;
padding-top:10px;
border-top:1px solid #CCCCCC;
}
.kaerebalink-name > a, .booklink-name > a {
font-size: 16px;
color: #256CC5;
text-decoration: underline;
}
.kaerebalink-powered-date, .booklink-powered-date {
font-size: 12px;
}
.kaerebalink-powered-date a, .booklink-powered-date a {
color: #256CC5;
text-decoration: underline;
}
.kaerebalink-link1, .booklink-link2 {
margin-top: 1em;
}
.kaerebalink-link1 div, .booklink-link2 div {
margin:5px auto;
text-align: center;
width: 100%;
}
.kaerebalink-link1 div a, .booklink-link2 div a {
color: #FFFFFF;
text-decoration: none;
font-weight: bold;
display:block;
width: 100%;
height: 40px;
line-height: 40px;
}
.shoplinkamazon {
background: #FF9900;
}
.shoplinkkindle {
background: #0079BA;
}
.shoplinkrakuten {
background: #BF0000;
}
.shoplinkkakakucom {
background: #25388E;
}
.shoplinkyahoo {
background: #750992;
}
.booklink-footer {
height:0;
clear: left;
}
</style>

HTML記入欄にCSSを貼ってしまったり・・・と凡ミスをしないように注意しましょう!

Amazonアソシエイツリンクビルダーを実際使ってみた感想。

割と便利に使えます。検索窓に直接ページアドレスを貼っても検索できません。あくまでワードで入力の仕様です。

まとめて、10個までリンクを生成できるのでその点が大変便利ですね。

とは言っても、表示できるのはアマゾンのみ。楽天など他のチャネルもどうしても狙いたい商品は、リンクビルダーと楽天経由の従来のカエレバ、両方、配置しておくのも親切かもしれないですね。

場合によっては離して配置とかね。

ただ明らかにアマゾンで買った方が利用者にとって良さそうなもの・・・などはAmazonリンクだけ配置でもいいでしょう。毎回、両方貼る必要は無いでしょう。

今回は以上となります。

ブログ初心者の方にとっては物販もかなり大事だと思いますので参考にしてみてください。

よければツイッターフォローの方もよろしくお願いします。ダリーでした。

ワードプレス関連記事

「オフスクリーン画像の遅延読み込み」を改善、導入する方法。a3 Lazy Loadプラグイン導入で解決しました!

必死でブログやると生まれる隠れた効用。人生が少しだけ長く感じられるようになります。あっという間感の減少。


スポンサーリンク




スポンサーリンク






アマゾンのAPIに関する規約変更!カエレバの仕様変更でぼくが取った対策を解説します。

ABOUTこの記事をかいた人

35歳から人生と稼ぎ方を見直しに入ったスロースタートな気絶系ブルースマン、ダリーです。大阪市在住。情弱オッサンからの脱却方法をご提案致します。ブルースと転職関連記事が多め。 当ブログは「自分の人生ってホント、面白くないよな〜…」と言う潜在的な悩みを抱えている人たちに向けて書いてます!!!  ネットを駆使して、情弱だったただの社畜オッサンが激ヤバになっていく過程をお届けします。みんなにもそうなってほしいですね〜。 ブログタイトル通り、ブルース好き。2018年10月からYouTubeも始めました。